今日の情報が、明日の君をつくる。

ツイッターでビットコインを寄付する慈善家、「分散型システムこそ未来」と見解を示す

慈善家のBill Pulte氏は、ツイッターを通してビットコインを多くの人へ寄付しています。Pulte氏は、ビットコインのような「分散型のシステム」こそ、未来のあるべき姿だと考えているようです。

ソーシャルメディアを利用することで寄付も簡単に

Pulte氏は、Pulte Capital社の最高経営責任者であり、アメリカでは最大規模の不動産開発会社の1つである、PulteGroupの創設者兼会長であった億万長者William John Pulte氏の孫にあたります。

Pulte氏は寄付のために、PayPalやVenmoのような既存の金融システムではなく、ビットコインを使いました。

Pulte氏が寄付した相手には、戦争で負傷した退役軍人や、がんで苦しむ患者、家を持つことができず車上生活をしている家族、さらには教室の備品を購入することができない学生や教師がいます。

Pulte氏はソーシャルメディアを通すことで、困っている人々へお金を寄付することが非常に簡単にできると述べています。

さらに、美容界の大御所であるカイリー・ジェンナー氏などにも参加してもらいたい意向を示しました。

ツイッターに寄付動画を投稿し、フォロワーが増加

ミシガン州オークランド郡に在住しているPulte氏は、お金や車を寄付している動画をツイッターに投稿。これにより、Pulte氏のフォロワーは一気に伸び、現在のフォロワー数は約95万人に達しました。

加えて、アメリカ合衆国の大統領であるドナルド・トランプ氏も、退役軍人へ30,000ドルもの寄付を行う彼の取り組みを評価し、「ありがとう、ビル」と付け加えて約6,550万人のフォロワーに向けてリツイートすることで彼を応援しました。

リツイートした人へビットコインをプレゼント

2019年8月、Pulte氏は自身のツイートをリツイートした人の中から、ビットコインをプレゼントするという企画を打ち出しました。

そして、実際に25,000ドル相当のビットコインをプレゼントし、以下のようにコメントを残しています。

「私たちが何かを与える時や、他の人のために犠牲になる時、私たちは恩恵を受けていると信じています。なぜなら、それは私を幸せにしており、他の人を助けているからです」

Pulte氏のフォロワーは、目標として掲げている100万人到達まであと少しです。