Merokoのサイトをリニューアルしました!

Chainalysisのチーフエコノミスト「違法取引のフェーズから抜けて欲しい」とビットコインへ見解示す

BTC取引の調査会社であるChainalysis(チェイナリシス)のチーフエコノミストPhilip Gladwell氏が、コインデスクの取材に対して「シルクロードでの薬の購入から脱却して欲しい」とビットコイン(BTC)への見解を示しました。

Chainalysisのチーフエコノミスト「違法取引のフェーズから抜けて欲しい」

Chainalysisはブロックチェーンを分析し、仮想通貨の取引履歴の確かな情報を提供するサービスを手がけています。コインデスクが主催したカンファレンスInvest:NYC 2019に登場したChainalysisのチーフエコノミストPhilip Gladwell氏は、ビットコインの30%が流動性がある状態だと述べました。

この中でも実際のビジネス取引の数は増加傾向にあり、仮想通貨の最初のユースケースでもある違法な薬物売買のフェーズからは抜けつつあると見解を示しています。

「ここ数ヶ月で、ダークウェブには大きな混乱が生じています。法務執行機関が、これらのサイトをの閉鎖に乗り出したからです。実際に、仮想通貨経済の中でダークウェブが占める割合は大幅に減少しました」

児童ポルノサイトの摘発に協力

Gladwell氏によると、ダークウェブの閉鎖に関するもっとも大きな事例として、世界でも最大規模の児童ポルノサイトである「Welcome to Video」が挙げられるとのこと。Chainalysisは児童ポルノの支払いに使われるビットコインの追跡を行い、世界的な犯罪捜査に協力しました。

「私たちは、アメリカ合衆国内国歳入庁や国土安全保障が求めていた、ビットコインがどこから来てどこへ消えたのかについて情報を提供することができました」

加えて、Gladwell氏はブロックチェーン以外の部分での調査量を過小評価すべきではないと見解も示しています。

匿名系通貨とトラベル・ルール

また、Gladwell氏は匿名系の通貨に対しても見解を示しました。FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)が定めたAMLに関する規則となる「トラベル・ルール」を基にして、業界は、適切なソリューションを探っていく必要があると述べました。