今日の情報が、明日の君をつくる。

スイス投資ファンドの21シェアーズ、カルダノとステラのETPを上場へ。

スイスを拠点とする資産運用会社21Shares AGは、暗号資産(仮想通貨)ステラ(XLM)とカルダノ(ADA)の投資商品(ETP)を、スイス証券取引所(SIX)に上場することを発表しました。

XLM・ADAのETP上場

暗号資産(仮想通貨)の上場投資商品(ETP)に積極的な21Shares AGは4月22日、新たにステラ(XLM)とカルダノ(ADA)のETPをスイス証券取引所(SIX)に上場することを明らかにしました。

上場日は4月26日で、ティッカーシンボルはステラがAXLM、カルダノがAADAとなっています。両商品とも基本手数料は年率2.5%で、ドイツのシュトゥットガルトとデュッセルドルフの多角的取引システム(MTF)で提供されることになります。

21Shares AGによれば、同社の商品Crypto Basket Index ETPから、リバランスの見直しを行った際、ビットコインキャッシュ(BCH)とXRPを削除することを決定、他仮想通貨の追加の必要性が生じたと説明しています。

その際ステラとカルダノを選んだ理由として、最近の価格上昇により投資家の需要と関心が高まったためETPに追加したと理由を述べています。

機関投資家の需要、急増

21Shares AGによると、機関投資家向けグレードETPやオープンエンドのETPに機関投資家の資産が配分されていることから、同社の仮想通貨ETPの需要が2021年第1四半期から200%急増、新規流入の増加を牽引していると説明しています。

またステラとカルダノの両ETPについて、次のように述べています。

「AXLMとAADAの両ETPにより顧客は、あらゆる通貨ペア間のクロスボーダー取引への分散とエクスポージ ャーを得ることができます。ETPの構造は100%物理的に担保され、分離されており両暗号資産のトラッキングを1対1で再現しています」

このようにAXLMとAADAの価格は、それぞれステラとカルダノのパフォーマンスに追随しています。なおAXLMの1ユニットには約40XLM、AADAには16ADAで価格が裏付けられます。

ステラの保管はCoinbaseのカストディ部門が、カルダノの保管はKingdom Trustがそれぞれ行います。また21Shares AGのCEOであるHany Rashwan氏によれば、今期中にさらに2つの仮想通貨ETPを上場させる予定があることも明らかにしています。

今後も仮想通貨の価格上昇が続けば、関連するETPにますます注目が集まり、機関投資家の資金がさらに流入してくると予想されます。