今日の情報が、明日の君をつくる。

現在エイダはここ数か月で一番強い値動きが起きるチャートにある

ここ数か月で最大の値動きが起きる準備が整っている

2018年12月に過去の下降トレンドラインを突破したものの、全体相場の下落により、大きな上昇にここまではつながっていません。それ以降、ADA/USDペアにおいては、局所的かつ限定的な上昇と下降を繰り返していたものの、ほとんどの時間は横一直線の相場が続いていました。

しかし、今回は価格がトレンドラインまで大きく下落しており、サポートラインとして機能すれば、短期的な見通しとして、12月以降で最も強気な相場として見ることができます。更に、現在50日の移動平均線は200日の移動平均線に近づいてきており、次のADA/USDペアの価格の上昇が、日足のゴールデンクロスを起こす可能性が高いことを意味します。

もしもエイダが次の上昇局面でゴールデンクロスに成功すれば、向こう数週間で0.1ドルに向けて、持続的な上昇をする可能性が出てきます。エイダは様々な可能性を持ったプロジェクトで、投資家達は買い増しのために今回のような低価格帯に下がってくるのを待っていました。価格は先日5%以上の落下をしており、買い集めるのに良い機会となっています。

ADA/USDにおける日足のRSI(相対力指数)ならびにストキャスティクスRSIを見ると、次の値を回復する動きが、非常に強いものになる準備ができていることを示しています。エイダは2017年から18年にかけて、多くの投資家から注目を浴びていましたが、ここ数か月はその声もあまり聞こえなくなっていました。

今後の暗号通貨市場に残るプロジェクトとは

Zilliqa(ZIL)のようなプロジェクトがカルダノに似た立場であり、それまでカルダノに興味を持っていた投資家からの注目を集めています。しかしながら、私たちがこれまでこの暗号通貨相場で見てきたのは、大口の鯨たちは順々に様々なプロジェクトの価格を釣り上げ利益を上げてきたということです。例えば、Stratis(STRAT)もかつては多くの注目を集めていたものの現在はそれも過去の話です。ほかにも、Verge(XVG)でも同じように多くの投資家の興味を集めた時期があったものの、話題に上らせる人も現在は減っています。すべてのパンプ&ダンプの中で、人々は長期的な成長が見込め、本当に価値のあるプロジェクトという観点を忘れています。

この暗号通貨市場は、一時、何に投資しても大きな収益を期待できた時期がありました。ひょっとしたらそういった時期はまだ終わってはいないのかもしれませんが、弱く訴求力に乏しいプロジェクトが開発を辞めて離脱していき、実際に価値のあるプロジェクトのみが生き残れるように、市場が成熟していく過程になっていると考えらます。XVGのように、同じ匿名通貨という枠でモネロ(XMR)のような強大なライバルがおり、なおかつ目新しい機能がない場合には、市場から一掃されることも考えられます。そのような淘汰が進んでいけば、ブロックチェーンそのものよりもブロックチェーン上のアプリケーションに焦点を合わせているカルダノのようなプロジェクトは大きな成功を収めるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です