今日の情報が、明日の君をつくる。

AIは仮想通貨業界に何をもたらす?考えられる事例とは

仮想通貨やその技術であるブロックチェーンは、人工知能(AI)などの技術と共に、将来私達の生活に多くの利便性をもたらすとして注目されています。様々な分野での適応が期待されているこの新しい2つの技術ですが、AIが仮想通貨業界にもたらす効果にはどのようなものがあるのでしょう。

AIと仮想通貨

AIは、人間による知的作業の一部をプログラムやソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。様々なデータの処理や言語の学習をさせる事が可能で、近年では会話を行えるまでになっています。

これから来るとされる「IoT(モノのインターネット)」化においては、多くの情報がリアルタイムでやり取りされるようになります。その際のデータ解析において重要な役割を果たすのもAIだと言われています。

ビットコインBTC)などの仮想通貨に使われるブロックチェーン技術も、AI同様「IoT」化に役立つことが期待されています。このように2つの技術は親和性が高いとも言えますが、AIを仮想通貨業界に応用させた場合の利点にはどのようなものがあるのでしょう。

仮想通貨にAIを適用する様々なメリット

仮想通貨の分野において、最も考えられるAIの用途の1つに「取引時の利用」が挙げられます。AIを搭載したプログラムやマシーンを用いれば、特定の仮想通貨に対して価格の予測が可能になるとされています。

2つ目は、大幅なコスト削減です。AI機能を搭載したマシーンは、優秀なトレーダーを探して雇うよりはるかに費用対効果が高いとされています。

例えば、トレード部門や市場の調査部門など専門家チームを設立した場合、毎週何千ドルもの費用が必要となり、年単位に換算すればかなりの額を報酬として支払わなければなりません。一方、Aiを活用する場合は、一度だけマシーンの購入と開発チームを設立すれば巨額な報酬を支払う必要が無くなるため、かなりのコスト削減が見込まれます。

また、見知らぬ人に自身の資産を預けると言う事で懸念される様々なリスクも極限まで減らす事が可能となります。

実際に、ウォール街でもAIによるトレードが徐々に採用されており、ゴールドマン・サックスでは以前は600人いたとされるトレーダーのチームが、現在では2人だけとなっているようです。

他にも、市場の急な上昇や下落にも即座に対応できるという特徴があるため、価格操作を回避し市場のバランスを維持するのにも役立つことが予想されています。

このようにAIは仮想通貨市場にとっても非常に魅力的な技術であると言えます。将来的には様々な市場でAIを搭載したトレードが採用され、私達に利益をもたらすかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です