今日の情報が、明日の君をつくる。

2019年下半期に要注目の3つのアルトコイン

2017年末のバブルのあと、仮想通貨は長い冬の時代を迎えました。これを乗り越えた仮想通貨にとって、2019年は復活の年のように思えます。しかし、すでに半分が過ぎた時点で、その復調も終わりの兆しを見せつつあるとの声もあります。その一方で、私たちは下半期でも注目すべきアルトコインが3つ存在すると考えています。上半期で大きく躍進したビットコインBTC)と比較すると、これらのアルトコインは低調なパフォーマンスでした。しかし、下半期には大きな飛躍を期待することができます。

カルダノ(ADA)

イーサリアムETH)の開発者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏によって開発されたカルダノADA)。イーサリアムに代わる選択肢として、より優れたスマートコントラクトのプラットフォームになることを目指しています。

実際にカルダノは拡張性があり、多くの点でイーサリアムを上回っていると考えることができます。

現在価格は0.08ドル(約8.64円)ですが、多くの人にとってはカルダノの現在の適正価値を反映しているものではないといえます。いづれにせよ、2019年は仮想通貨にとって大きな節目になると予想でき、カルダノもそれに伴い下半期では輝きを見せることでしょう。

ステラ(XLM)

年初から、ステラXLM)に関するポジティブなニュースが数多く見られます。開発チームや、そのパートナーの働きによって、ステラは今後さらに多くのことを実現するでしょう。

実際にすでにスタートしているIBMとのプロジェクトはもちろん、2019年にはステラのパートナー企業と国際送金大手ウエスタンユニオンとの提携や、米取引所コインベースへの上場も達成しています。

2019年は、仮想通貨全体で過去最高値を更新する可能性もあります。ステラプラットフォームは多くのユーザーが利用し始めており、2019年の後半はさらなる飛躍が期待できるでしょう。

ビットトレント (BTT)

ビットトレント(BTT)は他の仮想通貨と比較すると、あまり注目されていません。現在、仮想通貨の時価総額ランキングでは33位の2億8,300万ドル(約305億円)。1BTTは約0.00134ドル(約0.14円)で取引されています。

あなたが仮想通貨に慣れていないのであれば、ビットトレントに注目してみると良いかもしれません。ビットトレントは注目するに値する価値を持った仮想通貨であり、わずか数日で38%以上の価格上昇を記録したこともあります。

こうした点からも、ビットトレントは2019年の残りの期間でも強気な価格推移を継続していくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です