今日の情報が、明日の君をつくる。

ジェフ・ベゾス氏、突如AmazonのCEOを退任。後任はブロックチェーンに明るいアンディ・ジャシー氏に。

Amazonの創業者兼CEOのJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が退任することを突如、発表しました。後任を任命されたAndy Jassy(アンディ・ジャシー)氏は、同社のブロックチェーン・プロダクト開発の中心となった人物として知られています。

ジャシー氏が新CEOに

2月3日、ジェフ・ベゾス氏が2021年後半にCEOの座をアンディ・ジャシー氏に譲ることを発表しました。ベゾス氏は従業員に充てたレターの中で、その後はAmazonの取締役会長に就き「新製品や初期のイニシアチブに私のエネルギーと注意を集中させる」と述べています。

現在57歳であるベゾス氏は1994年にAmazonを設立以来、当初のオンライン書店からガジェット・食料品・ストリーミングまで、さまざまなカテゴリでグローバル展開しているのは周知の事実といえます。

2020年1月にAmazonは時価総額1兆ドルを突破、現在では1.6兆ドル以上にまで昇りつめています。

これまで後任はAmazonのコンシューマー部門責任者であるJeff Wilke(ジェフ・ウィルク)氏と推測されてきましたが、2021年度内に退任することが明らかとなっていました。ベゾス氏のレターでは「ジャシー氏は社内ではよく知られており、私と同じくらい長くAmazonにいるため、全幅の信頼を得ている」と述べています。

ブロックチェーン開発に注力するジャシー氏

ジャシー氏は1997年に入社、創業以来AmazonのWebサービスクラウドチーム(AWS)を率いてきました。AWSはアマゾンの利益の多くを牽引し続けています。ジャシー氏と言えば2017年開催の同社のカンファレンス「re:Invent」にて、Amazonビジネスとブロックチェーン技術の適合の可能性について、否定的な意見を述べていました。

ジャシー氏とAWSチームは個人的に興味を持っていると述べたものの、ブロックチェーンが「分散型台帳」以上のものに利用できるかどうかに疑問を呈し、「クールだと思うからといって技術を構築することはしないのが会社のポリシー」だと強調していました。

しかし2018年には「Amazon Quantum Ledger Database」や「Amazon Managed Blockchain」と次いでブロックチェーンサービスを開発するなど、一時暗号資産(仮想通貨)業界への本格参入が噂されました。

ジャシー氏は「顧客が最終的にそこで何をしようとしているのか、私たちは非常に興味をそそられます。」と述べるに留まっていますが、新CEO就任後は暗号資産業界にどのような影響をもたらすのか要注目と言えるでしょう。