今日の情報が、明日の君をつくる。

米国大統領候補が「仮想通貨規制は統一の枠組み作るべき」と見解を示す

米国大統領候補のアンドリュー・ヤン氏は、仮想通貨は統一的なルール決めによって投資が促進され、業界のさらなる発展が見込めると考えています。

米国大統領候補「仮想通貨規制は統一の枠組み作るべき」と見解を示す

ビットコイン(BTC)や仮想通貨は、金融の市場において個性的な資産の1つと言えます。

ほとんどの人はこの資産についての考えを、好きか嫌いかの2択から選んでいます。そういった感情を持つこと自体は個人の自由ですが、規制面においては、この新しい資産の可能性を最大限に引き出すために、好きか嫌いかの問題以前に、好意的なアプローチが取られる必要があるでしょう。

米国大統領候補であるアンドリュー・ヤン氏は、デジタル資産について好意的であり、強気ともいえる主張を繰り広げています。

ヤン氏はブルームバーグとのインタビューにおいて、仮想通貨がアメリカで成功する可能性が高いとの見解を示しています。一方で、その成功の鍵は、研究開発などに多くの時間を費やすことだとしており、そのためにも国家単位で投資をすべきであると考えているようです。ヤン氏は現在の規制が仮想通貨の成長を妨げる要因の1つとなっていることを踏まえ、各地域で統合された規制の必要性を訴えました。

「仮想通貨の使用については、アメリカ国内での統一的なルールが必要です。州ごとに違いがあることで規制が上手く機能しておらず、これは全ての人に悪い影響を与えています。特に、この分野に投資を考えているイノベーターにとっては最悪でしょう」

効率化、合理化だけでない統一ルールの必要性

また、ヤン氏は統一的な枠組みを設けることで、規制当局の作業が合理化、効率化するだけでなく、仮想通貨規制を標準化することにも役立つと考えています。これによって、新興市場である仮想通貨に対してさらなる合法的な投資が見込め、業界はさらに活性化されると述べました。