今日の情報が、明日の君をつくる。

オーストリア規制当局が無許可事業者4社を特定へ

オーストリアでライセンスを持たない4つの事業者を金融規制当局FMA(Financial Market Authority)が特定したことが明らかとなりました。

オーストリア規制当局が無許可事業者4社を特定へ

FMAが特定した無許可業者はPremiumBorsa、Pennyworth Investments、GCG 24、ANB Bankの4社です。PremiumBorsaとPennyworthは仮想通貨交換業者として運営されており、GCG 24は外国為替の事業を行っているとしています。また、ANB Bankは個人や企業向けのローン商品を提供するサービスを展開しているとのことです。

特定したブラックリストに追加された4社と同じ業種の企業や団体などに対しても、FMAは警告を出しています。仮想通貨市場の整備に本格的に乗り出していると考えられるでしょう。これはオーストリアに限ったことではなく、世界中で仮想通貨への取り締まりを強める段階へ来ているようです。FMAは今回の事業者特定について、以下のようにコメントを出しています。

「(中略)Financial Market Authorityは特定の企業が投資サービス・取引のライセンスを取得せず事業を行っていることを一般市民へ通知する義務があります。ただし、私たちがそうした行動を取るのは一般市民や関係者が不利益を被ると判断した場合のみです。」

無許可業者、今月初旬にも特定

オーストリアでは今月初めにもブラックリストへ3社が追加されています。FMAは今後も軽快を怠らず、規制に取り組んでいく方針であると述べました。ライセンスを持たないこうした事業者は、最大で200,000ユーロの罰金が課せられることになります。また、個人や企業に対しても、これらの事業者を利用しないよう呼びかけを行っています。