今日の情報が、明日の君をつくる。

Bakktのビットコイン先物が9月23日にローンチ、仮想通貨業界は大きな前進へ

仮想通貨プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は9月23日にBTC先物取引サービスとカストディ(資産管理)サービスの提供を開始する事を発表しました。これは機関投資家を市場に呼び込むと期待され、業界全体にとって大きな前進とされています。

Bakktが9月にローンチへ

世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所の親会社ICE(Intercontinental Exchange)が手掛ける仮想通貨プラットフォームのバックトが、遂に9月23日からBTC先物取引とカストディ(資産管理)サービスを始める事を発表しました。

これはCFTC(米商品先物取引委員会)とNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)ら規制当局から正式に承認を得た事により可能となったものですが、これまでに幾度もの延期を繰り返していました。

7月のユーザー受け入れ型のテストを発表した際にはBTC先物に関してはCFTCからはすでに承認を得ていると明かし、カストディサービス開始に必要なNYDFSからの承認待ちの状態だったものの公開は間近であると伝えていました。

なお、バックトのBTC先物は投資家が指定した受渡日に直接ビットコインBTC)を渡す現物受渡型となっており、機関投資家の参加も期待されているために価格に大きな影響を与えると予測されています。

また日単位、月単位と現物のBTC先物取引の機会も提供されるため、普及へとつながる可能性も高いとされています。

小売業者のBTC決済も計画

バックトは第二フェーズとしてビットコインや他の仮想通貨を使った日常決済の実現を計画しており、スターバックスなどの大手企業も参加しています。

今回のバックトのBTC先物開始の発表は価格や普及について大きな影響を与えるとされている一方で、ETF承認などSEC(米証券取引委員会)による対処も課題として残っていると指摘されています。

また2017年にはCBOEとCMEによるBTC先物の開始で下落が起こったこともあり、バックトのサービス開始による大幅の価格変動には注意したい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です