今日の情報が、明日の君をつくる。

Bakkt、法人顧客もカストディサービスの利用が可能に

BTC先物サービスを展開するBakkt(バックト)が、法人顧客向けにカストディサービス「Bakkt Warehouse」を開始したことが明らかとなりました。

Bakkt、カストディサービスを開始へ

Bakktはニューヨーク証券取引所を手がける企業ICEが提供する、ビットコイン(BTC)の先物サービスです。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)から承認を得たことで、今後は機関投資家向けのカストディを法人顧客へ提供可能となります。

これまで、Bakktのカストディは同社の提供するBTC先物のみが対象となっていました。今後は、フェデリティやコインベースと同様に、ビットコインのカストディ業務を行うことになります。

以前にBitcoinistが報告したように、企業・組織のビットコインへの関心はここ最近低下していました。VanEck社のGabor Gurbacs氏は、Bakktのカストディ開始を賞賛したうえで、多くの企業・組織がビットコインの採用を増やすことのサポートになるとコメントしています。

SECの懸念も払拭可能か?

SEC(米国証券取引委員会)は、これまで数多くのビットコインETFを非承認としてきました。その主な理由の1つが、ビットコインの保管方法にあります。

Bakktのカストディは、VC企業Pantera CapitalやGalaxy Digitalなどのヘッジファンドもすでに利用しています。元コインベースで現在BakktのCOOであるAdam White氏は、親会社のICEのステータスを活用することで、大口顧客を受け入れていきたい意向を示しています。

また、Bakktの発表では、ビットコインの保管には生体認証での管理や銀行クラスの金庫を導入していると述べられています。また、24時間体制でのビデオ監視も行っているとのことで、同社のカストディに堅牢なセキュリティがあることを強調しています。加えて、Bakktで保管するビットコインには、1億2500万ドルの保険がかけられていることも、過去にBitcoinistが報じたことで明らかとなっています。

BakktのBTC先物の取引量は、先月の価格下落から大幅に上昇しています。カストディが始まることで、さらに多くの機関投資家を呼び込めるか、今後の動きからも目が離せません。