Merokoのサイトをリニューアルしました!

ビットコインSV(BSV)とは?初心者にもわかるBitcoinSV

みなさんは「ビットコインSV(BSV)」という仮想通貨をご存知ですが?仮想通貨については知っているが、2018年以降情報を追っていなかった方にとっては、初めて知ることになる仮想通貨でしょう。それもそのはずで、BSVが誕生したのは2018年11月に入ってからなのです。

BSVはビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォーク、つまり仕様変更に伴って分裂したことにより誕生した仮想通貨となっています。BTCの弱点(欠点)を改善しようと試みて開発されたアルトコインのBCHですが、今回のハードフォークでは様々な問題が発生していました。

今回は、BSVの特徴や仕組み、そして発生した問題や購入方法などについて解説していきます。

ビットコインSV(BSV)の誕生

2017年8月、BTCは仕様変更つまりハードフォークを行ったことで、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。BTCのブロックが分岐し、従来のBTCと新しいルールのBTCができたのです。その新しいBTCがBCHと名付けられ、現在でも高い価値を保っています。

そんなBCHですが、ハードフォークを行なってできた仮想通貨のため「フォークコイン」とも呼ばれています。そのフォークコインであるBCHは、2018年11月にハードフォークを行なったのです。

ハードフォークは半年に1度行なっており、今回のハードフォークでは、BCHの有識者によるアップデートに関する意見の相違が原因で論争が激化しました。

ビットコインABC(BCHABC)について

BCHABCは、BCHのデータを記録したりしているクライアントの一つで、「オラクルを活用したスマートコントラクト」と「クロスチェーン」の実装が、BCHからの変更内容となっています。

オラクルとは、ブロックチェーン上以外から情報を持ってくる機能です。様々な情報をブロックチェーン上に読み込むことで、さらにブロックチェーンを活用しようというモノになります。クロスチェーンですが、簡単に解説すると、他のブロックチェーン上にある仮想通貨同士の直接交換を可能にする機能です。

仮想通貨取引所を介することなく通貨同士の交換を可能とし、手数料もかなり削減されるというメリットがあります。

BSVについては、次の項目にて解説していきます。

ビットコインSV(BSV)の特徴と仕組み

BCHABCについて簡単に解説したところで、本項目ではもう一つのフォークコイン「BCHABC」について解説していきます。

BSV開発者は、自身をBTC考案者の「サトシ・ナカモト」であると主張しているクレイグ・ライト氏です。サトシ・ナカモトであるという明確な理由は、今のところ存在していません。BSVの発行上限枚数は、BTCと同じく2,100万枚となっており、コンセンサスアルゴリズムもBTCと同じく「Proof of Work(プルーフオブワーク/PoW)」を採用しています。

BSVは、本来のBCHが目指しているスケーラビリティ問題の解決をさらに進めようというモノです。サトシ・ナカモトの意思をより反映させたいという考えから、フォークコインはBSV「ビットコイン Satoshi vision」と名付けられました。

BSVの主なアップデート内容は、ブロック一つあたりの容量を32MBから128MBへ拡張させることと、BCHのハードフォークした際に消されたコードを復活させてスクリプトを増やすことです。

そしてBCHの各派閥による論争は激化し、ハードフォークが決定したことで、仮想通貨取引所OKExでのBCH先物取引が停止、そしてポジションの清算が開始されることを急遽発表しました。これにより、BCHの価格はポジション決済により暴落してしまいました。

ハッシュ戦争によるBCHの価格暴落

BCHのハードフォークにより誕生したBSVですが、BCHABC開発側との論争が激化し、ハードフォーク後には互いの生き残りをかけたハッシュ戦争が発生し、訴訟問題まで発展しています。ハッシュ戦争は、BCHの価格が暴落する原因となりました。

ハッシュ戦争を終わらせるため、両者はリプレイプロテクションを導入することとなりました。リプレイプロテクションとは、送金を行う際にIDを付与することで、正しいトランザクションを見分けるという内容の技術です。

2019年第1四半期頃に完全実装を予定しており、不正送金防止にもなるので、実装されれば価格の回復につながる可能性もあることでしょう。

まとめ

BTCからハードフォークしたことで生まれたBCHですが、2018年のハードフォークにて新たに「BSV」と「BCHABC」2種類の仮想通貨が誕生。本記事では、そんなBSVの特徴などについて解説してきました。

BCHに新たな機能を付与したいBCHABC側と、BTCに関する論文を発表したサトシナカモトの考えに準拠して、開発を進めたいBSV側によるハッシュ戦争は、訴訟にまで発展。BCHの暴落につながりましたが、現在は終息に向かっていますので、これ以上の暴落はないかと思われます。

ハードフォークして早々から大ごとに発展したBCHですが、それぞれの考えを元に再出発したことで、多くの注目を集めています。今後のリプレイプロテクション完全実装やそれに伴った価格の推移に注目することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です