今日の情報が、明日の君をつくる。

イオスベースの分散型取引所をビットフィネックスがローンチ

仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、昨年9月に発表したイオスベースのDEX(分散型取引所)である「EOSFinex」を正式にリリースしました。

ビットフィネックス新たなDEXをローンチ

ビットフィネックスの親会社でもあるiFinexは、すでにイーサリアムベースのDEXであるEthfinexをリリースしており、EthfinexではイーサリアムETH)とERC20トークンを交換することができます。

また、今回のイオスベースのDEXリリースと合わせ、イオスネットワーク上で機能するテザーUSDT)を作成することも明らかになっています。

増えないDEXの取引量

DEXは、既存の取引所の権利集中の仕組みやハッキング耐性の問題を解決するとして、今後の取引プラットフォームの主流になると考えられてきました。しかしそれにも関わらず、これまでリリースされたDEXは取引量で伸び悩みを見せています。

現在1日あたり80億ドル近くの取引量を誇るBinance(バイナンス)もDEXをリリースしていますが、メインプラットフォームの取引量には遠く及ばず、1日あたりの取引量は550万ドル近くとなっています。

また、iFinexがすでにリリースされているEthfinexは、1日あたりの取引量は約250万ドルです。

イオス価格に影響はなし

コインマーケットキャップのデータを見ると、イオスEOS)は時価総額で現在第5位にランクインしています。イオスネットワークも成長を続けており、アカウント数はここ最近で130万を突破しました。

ただし、今回のDEXリリースでは、イオスの価格に大きな影響は出ていないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です