今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨取引所Binanceが8時間のメンテナンス、その他主要アルトコインの動向

大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)はシステムアップグレードの名目で、8時間のメンテナンスを実施しました。他にも主要アルトコインである、リップルXRP)、ライトコインLTC)、カルダノADA)などの情報も入ってきているのでまとめてお伝えします。

バイナンスのアップグレードに伴うメンテナンス

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは12日の11時から8時間のメンテナンスを行う事を発表しており、その間、入出金、取引が停止します。※日本時間 3/12/17:00 大型メンテナンス終了、取引再開

リップル社の動向

リップル社のMarjan Delatinne氏は英ブロックチェーン協会のアドバイザリーボードに新たに加入した事を発表しました。

この協会はIBM、マイクロソフト、R3、Circle等と提携し、英の公共、民間の両方の部門においてブロックチェーンと仮想通貨の普及と教育を目指しています。

なお、XRPはスイスの証券取引所SIXで価格に連動した金融商品ETPのサポートを新たに発表しました。今後2カ月以内に取引開始されるとの事です。

ライトコイン、ガイドブックをリリース

ライトコイン財団はライトコインに関する全てを網羅した電子書籍をリリースし普及に努めています。

この電子書籍には初心者からプロに至るまで、どちら向けにも設計されており、その概要や仕組み、決済導入の方法などが掲載されているとの事です。

ステラ、ライトニングネットワーク実装に取り組む

ステラ財団はステラ(XLM)にライトニングネットワークを取り組むことを最優先に上げ、今年の第3四半期を予定していると述べています。

なお、ドイツの大手メディアBörsenmedien AGは、ステラのブロックチェーンを用いたサトシペイの5%株式を取得した事を発表し、そのニュースを受けXLMが3日間で11%の上昇を見せています。

トロンのBTTトークンエアドロップ配布

トロン財団は、トロンTRX)保有者に向けBTTトークンを最大6年間のエアドロップすることを発表しており、最新のエアドロップが実施された事を報告しています。合計、9億9千万BTTが配布され1TRXあたり0.009976BTTの配布になったとの事です。

カルダノのアップデート

カルダノ(ADA)はアップデートを行い、これによりテストネットのバージョン1.5が利用可能となりました。
カルダノのプラットフォーム上でスマートコントラクト実装の正式な立ち上げに向けた重要な一歩となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です