今日の情報が、明日の君をつくる。

Binance(バイナンス)のローンチパッドとは?概要・特徴・今後の将来性や課題を徹底解説!

Binanceは2017年の設立以降、後発組とは思えない急速な勢いで成長を遂げている海外取引所です。ここ最近では、単純な取引所としての機能に止まらない多様な事業を展開しており、市場での存在感をますます高めています。

Launchpad(ローンチパッド)は、そんなBinanceが手がける新しい事業の1つです。仮想通貨市場がふたたび活況を取り戻しつつあるなか、投資家から大きな期待を集めている要注目のプラットフォームでもあります。今回の記事では、Binanceのローンチパッドについて、概要や特徴、今後の将来性から課題について解説していきます。

Binanceのローンチパッドとは?

Binanceのローンチパッドをざっくりと説明すると、「Binanceが提供するICOプラットフォーム」です。

ICOについて知らない方のために、少しおさらいしておきましょう。ICOとは、企業がトークンを新規発行し投資家に販売することで、仮想通貨に関連した事業を行うための資金集めを指しています。それでは、BinanceのローンチパッドはこれまでのICOと具体的にどこが違うのでしょう。下記でその違いを確認していきます。

今更聞けない、仮想通貨のICOとは?ICOの特徴と魅力を分かりやすく解説します

従来のICOの問題点を克服

仮想通貨が誕生してから現在に至るまで、数々のICOが行われてきました。ICOは、企業が資金を集めるための新しい手法として注目を集めていますが、専門的な知識がなくても比較的かんたんに行うことができます。その手軽さから、詐欺が多いという問題点もありました。

Binanceのローンチパッドでは、従来のICOのこうした問題点が克服されています。ローンチパッドで行われるプロジェクトは、事前にBinanceによる審査を受けなければいけません。そのため、実体のないプロジェクトは審査の段階で排除されます。また、この審査ではプロジェクト自体の将来性も問われるため、より期待度の高いプロジェクトのみが残るという特徴があります。

このように、ローンチパッドではICOを行う企業と投資家の間にBinanceが入ることで、プロジェクトに一定の透明性と信頼性が担保されています。また、ここ最近では取引所が主催するこうしたICOのことを、IEO(Initial Exchange Offering)と呼んでいます。

Binanceへの上場も期待できる

ICOには詐欺が多いというデメリットがありました。これには、ICOを行ったあとでトークンが取引所へ上場しないといったことも含まれています。一般的に、トークンを購入した投資家のほとんどは、特別な販路を持っていない限り取引所へ上場しなければそのトークンの売却が難しいのが現状です。ICOで購入したトークンは、取引所に上場して取引されることではじめて価値を持つため、ICOにおいて上場は重要な意味を持っています。

一方で、ローンチパッドのプロジェクトは、そのままBinanceへ上場することが期待できます。

Binanceは取引量・ユーザー数ともに世界でもトップクラスの取引所であり、そこに上場するということはほかの取引所への上場よりも、はるかに価値があることだといえるのです。

こうした点からも、投資家がローンチパッドのプロジェクトに参加するのには大きなメリットがあることがわかります。

Binanceによるレポートも確認できる

ローンチパッドのプロジェクトはBinanceによる審査が行われており、それと合わせてレポートも提出されています。これらのレポートは、ローンチパッド上のプロジェクト紹介ページで確認することができます。

ICOでは、プロジェクト側がメリットを偏って伝えてしまいがちです。ICO benchなど外部の評価サイトでレビューが確認できる場合もありますが、こうした情報もその信頼性が確かなものである証拠はありません。

もちろん、ローンチパッドのプロジェクトも100%信頼できるとは言い切れません。しかし、Binanceが中身のないプロジェクトを評価し、今まで作り上げてきた企業・取引所としての信頼性をわざわざおとしめるようなことをする可能性は低いと考えられます。

こうしたレポートは、Binanceが客観的にプロジェクトの評価を行っているという点からも、ある程度の信頼性が確保されています。もし、ローンチパッドのプロジェクトへ投資をするのであれば、必ず確認しておきたいところです。

ローンチパッドとBNBトークン

Binanceは、「BNB」という取引所トークンを独自に発行しています。BNBトークンはBinanceの基軸通貨として採用されており、BNB建ての取引であれば最大50%の手数料が割引されます。また、Binanceが提供するそのほかのサービスでも、各種割引や優待などの特典を受けることができます。

BNBはローンチパッドでも活用されています。具体的には、投資家はBNBを使いローンチパッドで行われるプロジェクトのトークンを購入します。また、Maticというプロジェクトでは、BNBの保有量に応じて、宝くじ形式の参加抽選が行われました。これは、BNBがトークンの購入以外にも活用されている、良い例だといえるでしょう。

ローンチパッドとBNBには深い結びつきがあります。ローンチパッドの人気が高まることで、BNBの価値も向上します。実際に、本格的にローンチパッドが再開した2019年1月頃から、BNBの価格も右肩上がりで上昇しています。

Binanceのローンチパッドの現状と今後

ここまでで、ローンチパッドの全体的なイメージは掴めましたね。ローンチパッドには従来のICOの欠点を克服できるメリットがあり、今後、資金集めのメインストリームとなる可能性を秘めています。

これまでの内容を踏まえたうえで、ここからはローンチパッドの現状や今後の将来性・課題などを確認していきましょう。

投資家から高い注目を集めている

先ほど確認したように、ローンチパッドではBinanceがプロジェクトと投資家の間に入ることで、透明性・信頼性が高まるというメリットがあります。また、世界的な取引所が取り仕切るICOということもあって、投資家から大きな期待を集めています。

たとえば、2019年のローンチパッド第一弾となったBitTorrent(ビットトレント)のトークンセールでは、開始から15分とたたないうちに約712万ドルもの資金が集まりました。また、その1ヶ月後に行われたFetch.AI(フェッチAI)というプロジェクトでは、わずか10秒たらずで約600万ドルもの資金が集まっています。

仮想通貨市場が長引く冬の時代を迎えていたなか、この販売スピードは驚異的な成績です。こうしたことからも、現時点でローンチパッドが投資家から高い注目を集めていることがわかります。

Binanceの成長と共にローンチパッドの価値も向上する

Binanceは単なる取引所としての機能だけでなく、仮想通貨関連事業へ投資を行うファンドの設立や社会貢献活動など、様々な取り組みを行っています。このような取り組みが、Binanceが仮想通貨市場の中でその存在感をますます高めるのに一躍買っているといえます。

ローンチパッドでは、Binanceがプロジェクトの審査を行います。そのため、Binance自体に信頼性がなければ、投資家から資金を集めることも難しいでしょう。つまり、Binanceの企業としての信頼性が、ローンチパッドの今後にとっても非常に重要なポイントになるのです。

ここ最近の関連事業への取り組みのように、継続的に事業を拡大することができれば、ローンチパッドの価値もそれと合わせて向上していくことが期待できます。

規制面では不安が残る点も

Binanceの拠点はマルタにあります。マルタには、数多くの仮想通貨に関連したプロジェクトが拠点を構えており、規制の少ない自由な地域として有名です。そのため、ローンチパッド自体が規制によってなくなるという可能性は低いでしょう。

一方で、ICOは詐欺の多さなどにより信頼性が低いため、アメリカや中国では規制の対象となっており、開催や参加が禁止されています。将来的には、こうした規制の動きが各国でさらに広まる可能性もあります。もしそうなった場合、ローンチパッドの参加者自体が減ってしまう可能性も考えられます。

こうした規制とどのように向き合っていくかが、Binanceのローンチパッドの今後の課題であるといえそうです。

まとめ

Binance_ローンチパッド_まとめ

以上、Binanceのローンチパッドについて解説してきました。ローンチパッドは投資家からも高い注目を集めており、現時点でも非常に価値があるプラットフォームだといえます。また、Binanceによってプロジェクトの信頼性や将来性が審査されることからも、Binance自体が成長することこそがローンチパッドのさらなる価値向上につながるといえます。

一方で、課題でも確認したように規制の面で不安は残ります。実際に、中国やアメリカではICOの開催や参加が禁止されています。それと同じように、ICO自体が各国で規制の対象となれば、ローンチパッドへの参加者自体が減ってしまう可能性があるでしょう。

また、ローンチパッドで行われるプロジェクトが必ず成功するという保証はどこにもありません。参加する際には、Binanceのレポートを読むことはもちろんですが、自分自身でもしっかりとリサーチを行って投資を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です