今日の情報が、明日の君をつくる。

バイナンスCEOのCZ氏がビットコインの価格を予想。1000万ドルになるか?

大手暗号資産(仮想通貨)取引所Binance(バイナンス)の共同創設者兼CEOであるChangpeng Zhao(通称CZ)氏が、ビットコイン(BTC)の価格目標を「非常に難しい」としながらも1000万ドル(約10.5億円)にまで到達する予測をしています。

BTC=1000万ドル、強気予想?

2月19日、CZ氏はブルームバーグラジオに出演しホストであるJuliette Saly(ジュリエット・サリー)氏とBryan Curtis(ブライアン・カーティス)氏のインタビューに応じました。

その中でビットコインの価格がどれくらいの高値になるかを予測するように求められた際、CZ氏は次のように述べています。

「ビットコインのユーザー数は1億~2億人の間のどこかだと思います。つまり、そのユーザー数があれば、そのグループの人々に価値があるということです。価格の予測では、本当に難しい…100万ドル、1,000万ドル…どうでしょうか…非常に難しいですね」

このように価格予想はあまり得意ではないことを前置きしながらも、将来的なビットコインの価格は1億~10億円に到達すると強気の回答をしています。

また同日CZ氏はブルームバーグTVにも出演、ここでもビットコインの価格目標を聞かれ「暗号資産に公正価値はない」と前置きしたうえで、次のように答えました。

「市場を見てみると、上場企業の中で暗号資産を保有していると発表しているのは11社だけです。一方、個人では世界的には1%程度の普及率に達していると思われ、恐らく1億~1億5千万、2億人のユーザーがいると思います。」

投機的なバブルではない

ビットコインの現在の価格は、5万ドル(約528万円)台に到達、6万ドル(約634万円)をターゲットにしていますが、司会者に「最近の価格変動は投機的なバブルではないか?」と問われた際にも次のような反論をしています。

「私は間違いなく現在の価格はビットコインがどのように主流になったかを反映したものだと思う。正直なところまだ氷山の一角を見ているだけに過ぎない」

また前回のバブルを振り返り、わずか2.5倍と少しだけ価格を更新したものの、ファンダメンタルズは3年前よりもはるかに強くなっていると強調しています。その理由として「より多くのユーザー・より多くの機関・DeFi(分散型金融)」の台頭を挙げました。

一方、バイナンスのユーザー数も初めてブルームバーグTVに出演した当時、1日あたりの新規登録ユーザー数は 30万人と過去最高を記録していましたが、2021年はそれを更新、また維持していると順調であることをアピールしました。