今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨取引所Binanceが新たなプロジェクト「ヴィーナス」を発表、地域版リブラとの声も

大手仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が新たに仮想通貨プロジェクト「Venus(ヴィーナス)」を立ち上げる事を発表しました。フェイスブックの仮想通貨リブラをより地域にフォーカスさせたバージョンであるとし、企業や政府などとも協力しつつオープンな共同体の構築を目指していくとしています。

リブラの地域版ヴィーナスを発表|バイナンス

バイナンスは8月19日、新たな仮想通貨ヴィーナスをローンチする予定であると発表しました。なお、ヴィーナスはフェイスブックが計画する仮想通貨リブラの地域版の様なものであると述べています。

ヴィーナスをローンチする理由として、以下のような点を挙げています。

・バイナンスは既に数か国で取引所を設立するなどグローバルな顧客ネットワークを構築済みである
・独自のブロックチェーン「Binance chain」でステーブルコインを発行し、送金速度は銀行にも匹敵している
・金融覇権を破壊し、途上国における金融包括を実現、金融システムの再構築を目指す

また、これらを実現するために政府や企業、機関とも協力を仰いでオープンなエココミュニティを構築していくとしています。

リブラの発展にも役立つ可能性も

バイナンスが発表した文書によると、ヴィーナスはローカライズされたステーブルコインと通貨に固定されたデジタルアセットを開発できるブロックチェーン・プロジェクトだとしています。

言及している通り、フェイスブックの仮想通貨プロジェクトであるリブラと類似した構造である事が伺えます。リブラは銀行口座を持たない人々にもサービスを提供し、低額な手数料での送金を実現するとしています。

来年中のサービス開始を目指していますが、既に各国の政治家および中央銀行らが警鐘を鳴らし監視を続けています。このような状況にフェイスブックも規制当局の精査の結果次第ではリブラのローンチを中止する可能性がある事を示唆したばかりでした。

これに対しバイナンスは、リブラは指数関数的成長を遂げており、インターネット以上の変化をもたらし金融システムを再構築すると信じていると述べました。

またバイナンスのCEOを務めるCZ氏も、ヴィーナスは仮想通貨の普及を促進するものであるがリブラを支配するようにはならないとライバル関係ではない事を表明し、リブラにとっても役立つものになるだろうとの見解を示しています。

CZ氏は、ヴィーナスが中国やインドなど仮想通貨への規制が厳しい国にも焦点を絞る事を示唆しています。一方、リブラはこのような制限の強い国ではローンチしない事を認めており、もし相互作用が働けば仮想通貨の発展に好影響を及ぼす可能性も考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です