今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインが将来的に採用される産業とは?




仮想通貨はこれまで、ほとんどの産業で注目されてきた技術といっていいでしょう。すでに1000以上の仮想通貨が取引所で取引可能となっており、分散型という性質を生かして多くのユースケースが提案されています。特に「ガーム業界、旅行、ソーシャルメディア、教育、不動産、ソーシャルメディア」などの領域との親和性が挙げられているようですが、仮想通貨は一体どのようにこれらの業界に影響を与えることができるのでしょうか。

ゲーム業界

仮想通貨の特徴は、ゲーム開発者に多くの可能性を見出しました。ORBプロジェクトが良い例となります。このプロジェクトでは、ユーザーが、ゲーム内の資産を法定通貨に交換することができます。

旅行業界

旅行業界にとっても仮想通貨は、大きな影響力を持っているといえるでしょう。Cheapair.comなどの企業はビットコインBTC)を支払い方法の一つとして受け入れており、ホテル代金やレンタカー、クルージング・フライトに仮想通貨を使うことができます。

ソーシャルメディア

近年のソーシャルメディアの普及は、目をみはるものがあり、ブロックチェーン技術の活用も進んでいるようです。専門的なスキルや才能のある音楽家やクリエイターのためのブロックチェーンを使ったプラットフォームが構築されています。これらのプラットフォーム上で使われる決済方法は、基本的に仮想通貨となります。

教育業界

北アメリカとドイツの大学ではすでに仮想通貨による授業料の支払いが受け入れられているようです。使用できる仮想通貨は主にビットコインとなっています。

不動産業界

現在では、仮想通貨を使って不動産を購入することも可能になっています。ブロックチェーン技術によって、不動産会社であるPropy.com と mycoinrealty.com はビットコイン支払いを受け付けています。

ファーストフード業界

Pizzaforcoins というファーストフード店は、現在までおよそ50種類の仮想通貨支払いに対応しています。世界中で人気のあるSubwayは、指定された店舗で同様に仮想通貨による支払いができるそうです。

将来的に、さらに多くのユーザーが仮想通貨支払いを選択することは間違いないでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です