今日の情報が、明日の君をつくる。

中国のビットコイン長者「ビットコインは誰も注目していない時に持てるだけ持つべきだ」




中国出身のビットコイン長者であるZhao Dong氏は、WeChatグループで現在の仮想通貨市場について意見を述べました。彼は2019年に仮想通貨の冬が終わることはないと予測しましたが、同時に今が資産を増やし保有しておくチャンスだと主張しています。

Dong氏が予測する今後の市場とは

WeChatグループ「The Public Chain Alliance Crossing The Bulls And Bears Elite Team」において、Dong氏は「2017年と比較して現在の市場には、明らかにビットコイン価格を追っている人が減っている」と述べ、以下のように続けます。

「現在ほとんどの人がビットコインBTC)に注目していない。彼らはしばらくの間、ビットコインを注視することはないだろう。価格が数万ドルを超えた時に、再度彼らは市場に戻ってくるのである。もしあなたがビットコインの将来を信じているのであれば、注目度が下がっている今がビットコインを保有するチャンスだ」

その後、Dong氏は今後の市場トレンドに関して意見を求められました。これに対して、2020年に春が来て夏の到来は少なくとも2021年まで待つ必要があると回答しています。

昨年11月にブログサイトWeiboで、Dong氏はビットコイン価格は2021年までに50,000ドルになるだろうと予想しています。

下落相場においてなぜ資金を投資するべきかの理由については、「強気相場で、私は人々にビットコインの購入を勧めることはしない。一時的な利益を得ることはできるが、実際の利益とは異なる。現在の弱気相場で、私は人にビットコインを購入するよう促している」とも述べています。

彼は多くの企業やプロジェクトが終わったことに対して、投資家は楽観的すぎるのも悲観的すぎるのもよくないと忠告しています。それでも、2019年から多くのプロジェクトの波が来るので、それを期待しているとも述べています。

この発言は投資家や起業家にとって、2019年がチャンスにもなり得ることを意味します。たとえ多くの企業やプロジェクトがなくなったとしても、良いプロジェクトには安い価格で投資することができるのです。

最後にDong氏は以下のように結論付けています。

「今あなたに必要なのは、忍耐力だけです」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です