今日の情報が、明日の君をつくる。

4月に起きたビットコイン価格上昇の原因とは?

先日起きたビットコインBTC)の価格上昇は、アクティブではない仮想通貨ウォレットが40-60%減少したことが原因であるとアナリストが発表しました。

ビットコインアクティブウォレットの増加

市場分析会社であるFlipside Cryptoのアナリストによれば、Bloombergによって、多くのビットコインウォレットがアクティブになったことが報告されたとのことです。報告では、これまで1-6ヶ月の間動きがなかったウォレットの数が、3月15日から40%減少したと伝えられました。

また、アクティブなビットコインのデイリーアドレスの数が増えていることも注目すべき点です。Flipsideの共同出資者であるEric Stone氏は、以下のようにコメントしています。

「もしあなたが仮想通貨に対してポジティブな意見を持っているのであれば、これは良いニュースでしょう。より多くの人がビットコインの購入を検討している状態です」

また彼は、今回の価格上昇は昨年10月に記録されたビットコインの価格変動よりも理にかなっていると主張しています。理由として、大口投資家のウォレットではなく、少額を扱う一般投資家のウォレットがアクティブになっている点をあげています。

「今回の価格上昇は、昨年10月よりも根拠があるように見える。これは、ビットコインに対する認識または自信の変化を意味している」

3月には、Fundstrat Global AdvisorsのチーフアナリストであるThomas Lee氏が、アクティブウォレットについて言及しており、将来的な成長の一因として説明しています。

「現時点で世界には5000万のアクティブウォレットが存在し、50億のVisaカード保持者がいる。明らかに仮想通貨市場はさらなる普及によって成長するだろう」

アクティブウォレットの数は、ビットコイン価格に影響を与えたのか

確かにビットコインウォレットのアクティブ数の増加は、市場にとってポジティブな動きです。しかし、このことが本当にビットコイン価格に影響を与えたのでしょうか。

仮想通貨企業BCBグループのCEOであるOliver Von Landsberg-Sadie氏の言葉を引用してロイター通信が報告した内容によると、今回のビットコインの価格上昇は、仮想通貨取引所であるKrakenBitstampCoinbase間で記録された総額1億ドル相当の取引が原因とされています。

「3つの取引所によって行われた注文は約20,000 BTC相当になる。それぞれの取引所の取引量を見ると、同じ1時間に70,000 BTCの取引量が確認されている」

この取引所による動きが、アルゴリズムによるヘッジファンドの取引を助長させた可能性があります。アルゴリズムとは、プログラムによって市場のトレンドを予測し取引を自動で実行する仕組みのことです。

Bloombergによれば、ヘッジファンドにより昨年9月から新たに17のアルゴリズムの運用が開始されており、一説によれば、仮想通貨ヘッジファンドの40%がそれを利用していると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です