Merokoのサイトをリニューアルしました!

仮想通貨の王様、ビットコインはどんな通貨?初心者にも分かるビットコインの情報まとめ

仮想通貨初心者が一番最初に知る言葉はなにかと考えた時、おそらく多くの方が「ビットコイン(BTC)」を思い浮かべると思います。

仮想通貨は名前の通り「仮想の通貨」です。そして、1円や100円、500円などの硬貨がそれぞれ異なる価値を持つように、仮想通貨にも通貨1枚あたりの価値が存在します。

そんなデータ上に存在する仮想通貨の中でも、ビットコインはその代表格とも言える通貨です。2017年末のビットコインの高騰によって仮想通貨に興味を持たれた方も多いことでしょう。取引量も多く、一番人気の通貨と言っても過言ではありません。

今回の記事では、ビットコインの特徴や仕組み、購入方法などについて丁寧に解説していきます。

ビットコインの誕生


仮想通貨の代表格とも言えるビットコイン。

その始まりは、2009年、サトシ・ナカモトと名乗る人物によりネットにて公表された9ページの論文でした。

論文には、ビットコインに関する情報やアイデアが集められており、ブロックチェーン技術についても記載されています。

サトシ・ナカモトは、ビットコインを使うことで法定通貨ではできないことを実現しようとしました。例えば、通貨を相手に直接送金したり、送金履歴の改ざんを防止したりなど、それらのシステムを作るためのアイデアをまとめて論文にて公表したのです。

ビットコインの生みの親とも言われているサトシ・ナカモトですが、その正体は現在でも明らかとなっていません。サトシ・ナカモトを名乗る人物は多く存在するのですが、個人なのか団体なのか、男性なのか女性なのかすら謎に包まれたままとなっています。

ビットコインの生みの親サトシ・ナカモトとは?その正体は誰なのか?

ビットコインの特徴


価値を保つために総発行枚数が限られている仮想通貨は多く、ビットコインもそのうちの一つです。

例えばビットコインの総発行枚数は「2100万枚」と決まっており、それ以上は発行されない仕組みとなっているのです。

ビットコインの価格は株のように、購入されることで価格が上がり、売られることで価格が落ちます。

データ上の通貨ということで、 Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)などといった電子マネーと同じと思われがちですが、実は違います。

通貨としての実態が無い点においては同じですが、電子マネーの価値は法定通貨である日本円に依存し、発行元は中央銀行や政府が管理しています。しかしビットコインは、中央銀行や政府といった中央管理者は存在しません。

ビットコインの仕組み


では、中央管理者が存在しないビットコインは、一体どのように管理されしているのでしょうか。本項目ではその仕組みについて解説していきます。

法定通貨は中央銀行などが管理・発行しているのですが、ビットコインは管理者がおらず、その仕組みから誰でも発行することができます。

ビットコインはブロックチェーン技術と呼ばれる技術を採用しており、データの通信方式には、P2P(ピアツーピア)と呼ばれる通信方式を利用しています。

P2Pは、ネットワークに接続している端末(ノード)が対等かつ平等に同じ情報を保管・管理しています。そして、P2Pネットワークでは従来の通信技術と異なりサーバを介さずとも、ノード同士で情報を共有することができるのです。

その特徴から、ビットコインの送金などといった取引情報は、ノード全員が確認することができます。加えて、ブロックチェーン技術を利用しているので、取引情報を改ざんすることができません。

次の項目では、その改ざんできない仕組みについて解説していきます。

「仮想通貨じゃない、ブロックチェーン技術が革新的なんだ!」 ブロックチェーンの仕組みを簡単に解説

ビットコインのマイニング


ビットコインの取引履歴は、P2P通信方式を利用していること、そしてブロックチェーン技術により取引を管理していると紹介しました。

ビットコインの取引履歴を改ざんできない仕組みですが、これはブロックチェーン技術の仕組みに関係しています。

ブロックチェーン技術は、取引情報が記録されているブロックが、どんどんチェーンで繋がれていく仕組みとなっているのです。そのため、もし一部を改ざんした場合、それ以前のチェーンもすべて改ざんする必要が出てしまいます。その場合、大きな労力と資金が必要となります。

このような背景から、事実上ブロックチェーン上に刻まれた取引履歴は改ざんが不可能とされています。

そのブロックを生成する仕組みですが、これはマイニングと呼ばれる作業によって生成されています。

マイニングは、ネットワークに繋がっており、マシンなどを購入して環境さえ整えれば、誰にでも参加できます。

マイニングでは、ユーザー間の取引情報が正しいか膨大な計算により判断され、正しければ取引が承認されて送金が行われます。

その計算の報酬として、マイニングを行うマイナーは、ビットコインの手数料を受け取ることができるのです。

仮想通貨のマイニングっていったい何? 手段や方法をわかりやすく解説

ビットコインの歴史


ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトが、ビットコインに関する論文を2008年10月31日に発表して約2か月後、2009年1月3日に最初のブロックが誕生しました。

その後、2009年10月5日、New Liberty Standardによりビットコインの価格が初めて示されました。

この時の価格は1ドル1,309.03BTC、日本円で1BTC約0.07円です。これは、ビットコインのマイニングに必要な電気料金から計算して提示された価格でした。

そして、2010年5月22日、ビットコインは初めて決済手段として使われることになります。初めて決済手段としてビットコインが利用されたのはピザでした。ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換が行われ、これが実店舗での最初のBTC決済の例となったのです。

2018年12月27日現在のビットコインの価格は、日本円で約40万円。当時ピザ2枚に支払われたビットコインが10,000BTCですので、現在の価格に直すと40億円ということになります。ビットコインの価格は、ここまで大きく成長してきたわけですね。

2014年4月1日Zaifの前身であるetwingsがサービス開始し、その後、bitbank(ビットバンク)やbitFlyer
(ビットフライヤー)といった現在では大手の仮想通貨取引所がサービスを開始していきました。

ビットコインを購入する方法


ビットコインを購入するには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

基本的にビットコインはどこの取引所でも取り扱っており、国内や海外問わず多くの取引所にて取引が可能です。

取引所でアカウントを登録するには身分証明書が必要になりますので、パスポートや免許証など顔写真付きの身分証明書の提出が必要です。基本的に、住所などの個人情報を入力し身分証明書を提出することで、仮想通貨取引所にて取引が可能になります。

仮想通貨取引所を選ぶ際は、取引所のセキュリティに気をつける必要があります。セキュリティが高いことで有名な取引所は、ビットフライヤーやビットバンクなどです。

ビットフライヤーは登録者が多いこと、そしてセキュリティレベルが世界一になったことでも有名です。ユーザーが多いため、取引が成立しやすい点もオススメです。

ビットバンクは、リップル(XRP)の取引量が世界一を記録したことで有名です。国内でアルトコインを購入するなら、ビットバンクを利用してみてはいかがでしょうか。また、取引所や公式専用のスマホアプリが使いやすいことでも有名です。

まとめ

ビットコインは仮想通貨の代表格で、今では誰もが知っている仮想通貨となりました。

取引価格や取引量も一番高く、取引が成立しやすい人気の仮想通貨です。

多くの取引所で取り扱っていますので、セキュリティや取引手数料、取引量などに注目して取引所を選び、取引を行いましょう。

また、ビットコインは、送金するユーザーが多いため、マイナーのマイニングが追いつかず送金詰まりを起こすことがあります。ビットコインの仕組みや特徴をしっかり理解して保有することがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です