今日の情報が、明日の君をつくる。

Z世代でビットコインが普遍的な決済手段になる可能性

コロナウィルスによるパンデミックによって、株や債権、法定通貨の価値は大きく減少しています。一方で、この危機が深刻になるほど、多くの人々がビットコイン(BTC)の価値を再認識し始めています。

パンデミックが示すビットコインの価値

世界的なベストセラーとなった「Rich Dad、Poor Dad(金持ち父さん、貧乏父さん)」の著者であるRobert Kiyosaki氏は、自身のツイッターアカウントにて2日連続でビットコインの宣伝をしました。

4月1日のKiyosaki氏の投稿では、世界的な金融緩和によって資金が有り余っている状態でなぜ節約するのか疑問を呈し、ビットコインを「ゴールド-神のお金またはビットコイン-人々のお金」と表現した上でそれらを節約すべきとの見解を示しました。

このツイートは仮想通貨コミュニティの間で広まりを見せており、その多くが、ビットコインが何であるかを世間に再認識させたとして、Kiyosaki氏を評価するコメントで溢れています。

加えて、現在のY世代やZ世代などの若い世代がビットコインに対して肯定的に捉え、一般的な通貨として普及する可能性を指摘する意見も出てきました。

Z世代でビットコインが普遍的な決済手段になる可能性

In Bitcoinの編集者であるSylvain Saurel氏は、Y世代やZ世代がビットコインに対してポジティブであることに同意しています。

Saurel氏はスマートフォン決済がZ世代の標準となることを踏まえて、ビットコインをより自然に彼らが受け入れるであろうと今週のブログ投稿で見解を示しました。

「現在の金融システムがどのようなものか知ろうとした場合、彼らはショックを受けるはずです。なぜなら、前の世代では少数の人が大多数の所有する資産の価値を切り下げることで成立していたからです。彼らは多くの人がこれをどのように受け入れてきたのか不思議に思うことでしょう」