今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨市場は盛り上がりを見せるも普及はまだまだ?米大学生の80%以上は1BTCより1ドルが欲しい

仮想通貨ユーチューバー「Capital Creators」がアメリカの大学生に行ったインタビュー調査によると「1BTCと1ドル今受け取れるならどちらを受け取るか?」と言う問いに対し、何と80%以上に及ぶ圧倒的多数の大学生が1ドルを選択したとの事です。理由としてまだまだビットコインBTC)について知らないといった意見や危険に感じるとの声が多く挙がったことが報告されています。

約87万円より110円を選ぶ大学生

仮想通貨業界のバブル時には220万円台にまで到達したビットコインですが、人々への認知で考えるとはまだまだ初期段階なのかもしれません。仮想通貨ユーチューバー「Capital Creators」が投稿した動画では「1BTCと1ドル今受け取れるならどちらを受け取るか?」と言った問いに対し、コロラド大学ボルダー校の80%以上の大学生が1ドルを選択しています。

何故1ドルを選んだのか?その理由として最も多かったのは「ドルは紙として物理的に存在し、その価値を知っているから」といったものでした。

一方、ビットコインに対してはいまだ十分な理解が及んでおらず、なぜ値段が付いているのか分からないと言った声や、主要メディアによるバブル崩壊時などの否定的な記事が多く目についた事も今回の要因とされています。

ビットコインはリスキー、ドルはすぐお菓子を買える

とある大学生は漠然とビットコインがどのようなものであるか知っており、パスワードで資産が保護されているものの無くした場合には資産も失ってしまうためリスキーだと答えています。

一方、ドルはそのような事は無く自動販売機などですぐスナック菓子を購入できると答えています。

またビットコインを選んだ大学生の間でも、「価格が上昇している事を知り購入したもののその後のバブル崩壊で資産を失った」と言った声や「操作が難しい」と言った意見も見受けられました。

これらの指摘は仮想通貨業界全体の課題として実際に挙がっているものであり、価格のボラティリティと共に、主流の決済手段として採用されるための大きな問題点です。

しかし現在、課題点を解決できるとして、少額で高速送金が可能となる技術「ライトニングネットワーク」の導入が進んでおり、一刻も早い普及が期待されています。

仕組みを知ると意見を変える大学生も

その後インタビュアーが、ビットコインウォレットの使用方法や仕組みを教え、実際にウォレットをダウンロードさせ少量の額を転送させた所、選択を変える大学生も多数見受けられました。

仮想通貨業界に身を置くと、実際には保有していない人が多いと言う事実を忘れがちです。市場をさらに活性化させるにはこのような人々や企業の参入が必須と言えます。しかし、逆を言えば仮想通貨の本当のバブルは未だなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です