今日の情報が、明日の君をつくる。

マイクロソフトがエクセルにビットコインのシンボル(₿)を追加?主流通貨として一歩リード

ビットコインBTC)のシンボルマーク「」がマイクロソフトが提供するエクセルに追加される予定です。これによりスプレッドシートの作成時に、通貨オプションとしてビットコインのマークを使用する事が出来ます。マイクロソフトのような大手ハイテク企業による採用は、仮想通貨が徐々に主流となっている事を意味しているのかもしれません。

ビットコインのシンボルがエクセルの通貨オプションに追加

マイクロソフトはエクセルの通貨オプションにビットコインのシンボルマークを採用する予定です。これは、TwitterやRedditなどのユーザーの発見により明らかとなったもので、間もなくスプレッドシートに追加されるだろうとしています。

これにより仮想通貨ユーザーは自身のビットコインの資産管理にシンボルマークを用いて管理が出来るようになります。

なお、今の所見受けられるのはビットコインのみでイーサリアムETH)などのアルトコインのシンボルマークは無く、マイクロソフトオフィスのソフト全てに適用されるか、いつどこの国のユーザーが使えるようになるのかといった詳細な情報は明らかとなってはいません。

また今回の報告がユーザーによって加工された写真である可能性もありますが、そのような指摘は少なく、この背景にはこれまでマイクロソフトが積極的に仮想通貨やブロックチェーンの技術開発などに取り組んでいたため自然な事とみなされていることが予想されます。

Bakktの立ち上げや分散型ID管理システムの開発

マイクロソフトといえば2014年にはすでにBTC決済を受け付けており、最近では機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」に初期から資金提供を行っている事でも知られています。

また今月にはビットコインのブロックチェーンを基盤とする分散型のデジタルID管理システムを開発したばかりでした。

このシステムは「アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク(ION)」と名付けられており、特定の企業に依存することなく、ユーザーが分散型のブロックチェーン上にデジタルIDを管理する事が可能になるというものです。

これによりユーザーのパスポートやEメールアドレスなどの個人情報を安全に保存でき、高いプライバシー保護を発揮できるようになります。

また、ビットコインは1秒当たり6トランザクション程しか処理できないため、世界中のユーザーがIONを使用した場合問題が発生します。これに対処するために、マイクロソフトの第2層ソリューションが使用される予定です。

今回のエクセルへのビットコインのシンボルマーク追加の報道は続報が待たれますが、マイクロソフトが仮想通貨やブロックチェーンを支持している大手企業であることは間違いないといえます。大手企業による採用を通して、仮想通貨がより普及していくことが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です