Merokoのサイトをリニューアルしました!

ビットコインは5Gによりさらに成長する可能性も、米中の影響は?

仮想通貨の成長を促進する要因の1つに第5世代移動通信システム(5G)が挙げられており、今後5Gによりネット通信速度が向上すれば仮想通貨がさらに普及する可能性があります。一方アメリカによるHuawei(ファーウェイ)の制裁が激化した場合、これらを妨げるとした懸念もなされています。

5Gネットワーク対応デバイスがビットコインの採用促進に

5GはビットコインBTC)にプラスの影響を与えるとされています。

ビットコインの採用を妨げる要因の1つに動作させるためのインフラの脆弱性が挙げられていました。しかし、5Gネットワークにより仮想通貨取引はより速く効率的になると言われており、ユーザーエクスペリエンスの向上により使い勝手が改善されればより多くの投資家が参入しやすくなります。

インターネットの高速化によりトランザクションの承認スピードも速くなりブロックチェーン全体のダウンロードも1分以内に処理する事が可能になるため、現時点で業界が対応しているスピードより大幅な向上が見込まれる事になります。

5Gネットワークの普及により2020年までに500億台以上ものデバイスが高速ネットワーク化すると予想されています。これによりセキュリティの高いウォレット、強化されたアプリケーションが利用できるようになるため信頼性の向上にも繋がるとされています。

米によるHuaweiの制裁の影響は?

現在、仮想通貨取引の主要国とも言えるアメリカでは中国政府へ圧力をかけるために5Gネットワークの積極的な開発を推し進めるファーウェイの排除が進んでいます。

13Dグローバル・ストラテジー&リサーチの編集長であるWoody Preucil氏によれば、中国はこれまでファーウェイのおかげで5Gネットワークの開発に多大な金額の投資をしていると語り、次の様に付け加えています。

「経済競争の観点からファーウェイは他社に先んじて5Gへの投資してきたため、世界のリーダーへなる準備が出来ていると言えます」

一方、アメリカは中国をスパイ行為を行っていると非難しており、その協力者としてファーウェイを名指しし、懲罰的措置を取っています。

現在、AppleやSamsungなど大手企業による競争が激化していますが、技術者の分析によればアメリカでの5Gの本格的な採用までには恐らく数年かかるとしています。

しかしファーウェイは既に5Gネットワークインフラシステムを用意しているため米国市場参入が遅れれば仮想通貨業界にとっても大きな痛手となるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です