今日の情報が、明日の君をつくる。

日常決済をすべてビットコインで。エルサルバドルのエルゾンテ村が「ビットコイン・ビーチ」に。

中央アメリカに位置する小国エルサルバドルのエルゾンテ村がビットコイン(BTC)を日常決済として使用する経済圏「ビットコイン・ビーチ」を発足しました。仮想通貨を基盤とした経済システムに注目が集まっています。

エルサルバドルでBTC経済圏

サーファーのメッカとして知られるエルサルバドルのエルゾンテ村は3000人が住む集落で観光業を中心としていましたが、新型コロナウイルスにより観光客は激減し、地元経済は大打撃を被っていました。

また住民はクレジットカードも持たず大半が銀行口座を所有していません。このような背景の中、エルゾンテ村に定住したカリフォルニア州出身のマイケル・ピーターソン氏が、ビットコイン(BTC)を日常決済とするプロジェクト「ビットコイン・ビーチ」を立ち上げたことがフォーブスの報道で明らかになりました。

このビットコイン経済圏発足のきっかけは2019年初頭、エルゾンテ村が匿名による10万BTC(約980億円)の寄付を受けたことによるもので、当初の寄付先であった慈善団体は現金化の意向を見せていました。

匿名の寄付者は銀行口座を開設できないエルゾンテ村の住民を助けるためだとし、ビットコインを現金化せず仕組みを教え、経済圏を作ることを条件にピーターソン氏に管理を任せていました。

給与も支払いもBTCで

これにより現在、エルゾンテ村の住民はビットコインで給料を受け取り、食料品の購入だけでなく公共料金の支払いが可能になっています。さらには大学教育を目指す学生に教育助成金を発行、学校ではバスの乗り物・昼食・軽食などがビットコインで支払うことができます。

新型コロナウイルスの流行により、エルゾンテ村の住民の多くも仕事を失いました。彼らを助けるべく、3週間ごとに35ドル相当のビットコインが配布されこれまでに600世帯が受け取っています。

また持続可能なビットコイン経済圏を確立するべくプログラムの一環として、若者を雇用し破損した水道管や道路修理をさせ、仕事の対価としてビットコインが支払われています。

このような大量のビットコイン取引は高額な手数料につながる可能性があるため、住民は低い手数料で少額送金を可能にする技術Lightning Network(ライトニングネットワーク)を搭載したアプリ「Wallet of Satoshi」を使用しています。

ピーターソン氏によれば仕組みを教える際に長老など中高年からの反発があり、ビットコインを導入するのは簡単ではなかったと明かしています。そのため若者から教え始め、理解した若者が中高年に教えることで理解してもらえたと述べています。

一方、エルサルバドル政府はビットコイン・ビーチ・プロジェクトにいまだ干渉しておらず、今後サポートするのか取り締まるのかは不明です。