今日の情報が、明日の君をつくる。

クリスマス前にビットコインの価格が2万ドル到達?著名人・アナリストの強気見解の理由

上昇が停滞している中でも、依然としてビットコイン(BTC)の年末2万ドル予想は多くのアナリストから支持を集めています。グローバルに利用できるビットコインの可能性や、取引所のハッキング保険など、従来の通貨と同様の扱いを受け始めていることが、こうした予想の根拠となっているようです。

増加するビットコイン人気

現在1万ドル近辺で取引されているビットコインは、年末、特にクリスマス休暇前までに2万ドルに到達するかもしれません。

ビットコインにとって、2万ドルをマークすることは初めての経験ではありません。2017年から2018年の初頭にも、この価格水準に到達した過去があります。

興味深い事実は、2019年9月と同時期にあたる、2017年9月の取引価格は5,000ドルほどだったことでしょう。

これは今年の最高値に近い1万5,000ドルの、およそ3分の1ほどの水準であり、現在価格(1万ドル)の2分の1の水準です。

強気のビットコイン愛好家

宇宙旅行を提供する企業であるVirgin Galactic社の創設者リチャード・ブランソン氏は、熱心なビットコイン愛好家としても知られています。

また、同社のチーフインストラクターにあたりNASAの元職員である、女性宇宙飛行士のベスモーゼスも、ビットコインの早期採用者として知られています。

彼らは、ビットコインが世界を結びつけ国境のないグローバルな社会を作り上げると信じています。

実際に、ビットコインの背後には大きなテクノロジーがあり、これらの技術は世界のビジネスに革新をもたらすことでしょう。つまり、世界中の企業がブロックチェーンを採用するに伴い、それと合わせてビットコインの需要も増加すると可能性が示唆されています。

仮想通貨の保険が増加

仮想通貨の市場で起こっている大きな変化として、悪意あるハッキングなどで受けた被害のための保険サービスが増えていることや、セキュリティ面の向上が挙げられます。

たとえば、アメリカの取引所コインベースでは、コールドウォレットで99%の仮想通貨を保管しており、残りの1%にあたるホットウォレットで保管している仮想通貨には、その全てに対して保険がかけられています。

これまでの仮想通貨市場ではサイバー犯罪に対して脆弱性があり、保守的な投資家が投資を避ける理由ともなっていました。

保険が増えてセキュリティも向上し、安全に取引をすることができれば、こうした保守的な投資家の資金流入が起こり、結果的に価格の上昇も期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です