今日の情報が、明日の君をつくる。

新たな仮想通貨ゲーム「Bitcoin Collector(ビットコインコレクター)」がリリース、Google Playストアで利用可能

Bitcoin Collector(ビットコインコレクター)と呼ばれるアクションゲームが新たにリリースされました。ダンジョン内を駆け回りビットコイン(BTC)を集める内容となっており、現在はGoogle Playストアでのみインストールすることができます。

アクションゲーム「Bitcoin Collector(ビットコインコレクター)」

Oxygenjacketと呼ばれる開発者が、仮想通貨ゲーム「ビットコインコレクター」を開発しました。

Youtubeにアップロードされた動画では、プレイヤーは銀行からビットコインを守るミッションが与えられ、ダンジョン内で梯子を登ったりジャンプをしてビットコインを集めている様子が見て取れます。

その過程で宝箱が出現しポイントをゲットすることもできます。また敵キャラクターとして、翼が生えた紙幣や、FUD(Fear・Uncertainty・Doubt|恐怖・不確実・疑問|不安感をあおるアンチマーケティング手法)を口から撃つ熊が登場し、プレイヤーの行く手を遮ります。

ゲームは無料で広告も無し

Oxygenjacketによれば、github上でこのゲームを完成させるのに3~4ヶ月を要したと語っています。すでにバグの報告などを通したブラッシュアップもなされており、仮想通貨に関連する出来事を連想させるようなゲームとなっています。

また熊の放つFUDを赤くするなどコミュニティの意見が反映されており、プレイヤーが背中につるはしを背負い攻撃するキャラになっているため、宝箱の代わりにブロックの山に変更する新たな案なども挙がっています。

現時点ではGoogle Playストアでのみインストールでき、8人が評価しています。また、iOSバージョンに関しては、Apple側から年間100ドル(約1万600円)を請求されることを理由にリリースは未定となっています。

ビットコインコレクターは誰でも無料でプレイでき、広告も出現しないゲームとなっています。Oxygenjacketはできるだけ多くの人にゲームを体験する経験を提供したいとし、コミュニティに収益化の方法を尋ねていました。

現在広告は入れないよう考えているようですが、Playストアやappストアはその様な考えにあまり好意的ではないため、コミュニティからは、ウォレットアドレスまたはパトロン経由でオプション機能やアイテムの収益化をするなどの提案がなされています。

最近では仮想通貨・ブロックチェーンゲームの開発が数多く行われており、今後も目が離せません。