今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコイナー、仮想通貨ビットコインの優れた機能を改めて強調。

ビットコイン(BTC)の技術的価値は長期的に見ても世界に様々なメリットをもたらしており、誕生から11年たった今もその構造は非常に大きな柔軟性を持ち続けています。無事、半減期を迎えビットコイナーの間ではその優れた機能を改めて振り返りサトシ・ナカモトの偉大さを強調しています。

BTCの優れた機能は偶然なのか?

経済崩壊が懸念されるなか、2020年5月12日に仮想通貨ビットコイン(BTC)は3度目の半減期を迎えました。マイニング報酬が以前の12.5BTCであった最後のブロックには、採掘したf2poolによって4月9日のNYタイムズの記事タイトルである以下のメッセージが刻まれています。

「2.3兆ドルを注入するFRB(連邦準備理事会)の計画は2008年の救済をはるかに超えます。」

これはビットコインの最初のブロックに刻まれたサトシ・ナカモトが英タイムズの記事タイトルである「財務大臣、2度目の銀行救済措置の瀬戸際に」を想起させるものとなっています。

コロナショックによる金融危機でますますビットコインの設計されたテクノロジーの先見性が際立つなか、香港のビットコイン・アソシエーション創立メンバーであるドミニク・フランシス氏は、ツイッター上で「ビットコインには偶然ともいえる天才性があったのだろうか?」と投げかけ、多くの反応が寄せられました。

BTCの優れた機能

フランシス氏のツイッターにはビットコインの完璧ともいえる優れた機能が他ユーザーによって挙げられています。ブロックチェーンの作業証明としてマイナーが新しいブロックを通知された場合、決定を下す前にバリデーターと過剰な相互通信の必要性がほとんどまたはまったくありません。

一方、PoSにおいてはマイナーとバリデータからの大量のデータが必要となり、ネットワーク上でマイナー間の意見の不一致や遅延の原因となる摩擦が生じる可能性があります。

PoWプロトコルであるビットコイン・ブロックチェーンは幾度もグレードアップされ、マイナーの接続を維持するためのデータ量が削減されています。そのためマイナー間で必要なデータ量はごくわずかで済んでいます。

また他のユーザーはマイニング活動を維持するため必要な電力需要が高く、いかに電力供給の過剰生産を抑制しているかを指摘しています。一般的にはマイニングは大量の電力を消費するとされていますが、電力生産が過剰な国ではマイニングが廃棄物を抑制する解決策として役立つと強調しました。

一方、インフレを抑制するためビットコインの供給を制限するという機能が将来的に維持できるかについては、ライトニングネットワークが普及すればブロック報酬が低くなりすぎるとして意見が割れています。