今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインキャッシュ開発者、一部マイナーに反論「2MB以上のブロック処理は需要がない」

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の主要開発者であるAmaury Sechet氏は、Reddit上で一部マイナーからの批判に答え、32MBまでブロックサイズの上限を引き上げるとしていたビットコインキャッシュが実際には2MBを超えるブロックサイズを処理できていなかった事に対し「需要がないためだ」と反論しています。

ビットコインキャッシュは2MBまでしか処理できていない?

仮想通貨ビットコインキャッシュでは、ライトニングネットワークやセグウィットなど追加機能を実装することなくオンチェーンプロトコルを拡張する方法として、ブロック処理できる容量を32MBに引き上げるとした提唱がされていました。

しかしこの数日で27万件にもなる未確認トランザクションが発生し、一部マイナーからは批判が寄せられていました。これに対し主要開発者であるAmaury Sechet氏がReddit上で、BCHノードは2MBを超えるトランザクションのブロックサイズを実際には処理できていないことを示唆し、それは需要がないためだと主張しました。

それを受け一部マイナーは、ビットコイン(BTC)よりビットコインキャッシュの方が取引手数料が安いため、2MBを上限とした場合にBCHブロックチェーンにさらなる混乱を巻き起こす可能性があると指摘しており、上限を増やすことで問題が解消されると述べています。

Sechet氏は大きなブロックをマイニングすること自体は可能であるものの通常の100倍の需要を処理するよう最適化されておらず、2MBを超えるものはビットコインSV(BSV)スタイルのインデックスノードに移動させると提案し、この問題を解決できると付け加えました。

Sechet氏は2MBで十分と主張

このようにBCHネットワークが問題を抱えているとするマイナーがいるのに対し、Sechet氏はブロックサイズを見直すにはあたらないと主張しています。

その理由として、BCHネットワークの需要は仮に一晩で今より2桁増加しない限りブロックサイズは2MBを大幅に下回っている状況であり、適切なmempoolの管理が行われていれば2MBは十分な容量だと説明しています。

また、安易にブロックサイズを増やすことはBCHユーザーとウォレットに他の問題を巻き起こす可能性があるとし、2MBに抑えることは他のリソースの悪用を防ぐことができると持論を展開しました。

加えて、現在のシステムでは一晩で300倍の負荷増加に対応するようプロビジョニングされていないため、32MBのブロックサイズを継続的に行えばウォレットバックエンド全体のかなりの部分が停止することになると主張しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です