今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインFXを始める前に!知っておくべき仕組みとリスクとは?

2017年のビットコイン(BTC)の相場は、一年を通じてずっと上昇相場でした。一時的に下落することもありましたが、とりあえず待っておけばいずれ回復し利益を得られるといった簡単に稼げる相場です。そして、2018年となるとその逆で、一年を通じての下落相場。一時的に上昇することはあれど、基本は下降トレンドであり、延々と価格を下げていました。

しかし、これは、もしもFXで売りからエントリーをしていれば、2018年は非常に儲かりやすい相場だったということです。

現物取引だと、ビットコインは買いからしか注文はできません。しかし、FXならば違います。新規売り注文ができるビットコインFXでトレードをしていれば、2018年の暴落相場も、億り人になれるだけのチャンスがある相場だったのです。

今回は、ビットコインFXとは一体なんなのか、儲かるのか、リスクはないのか、またどのような注意点があるのかについて解説します。

メロスケ

出ました、ビットコインFX😂

取引所で見るたびに気になっているんだけれど、僕はまだ実際にやってみたことがないんだよね。。。

 

この記事では、最低限知らなきゃいけない知識、そもそもビットコインFXがどのようなものなのか、注意点はどういったところかをご紹介していくね🙌✨

ビットコインFXの仕組みとは?

 
FXとは本来、外国為替市場を対象にした証拠金取引のことを指しますが、ビットコインFXの場合は主にBTC/JPYを対象にしたトレードのことを指します。

基本的な取引の原理はFXと同じで、要するにビットコインFXとは、ビットコインを対象にした証拠金取引を指します。ではこの証拠金取引とは一体何なのでしょうか?

例えば現物取引の場合、ビットコインを購入すると、代金に応じた量のビットコインを保有することになります。この保有した現物を売却すると、売却益を得ることができます。買った時の価格よりも高く売却ができれば利益が出る、それが現物取引です。

証拠金取引では、現物の受け渡しはありません。売買によって生じた差額のみを受け渡すことになります。また、注文を入れる際に現物は必要ありませんが、取引により損失が生じた場合でも決済ができるように一定額の資金を預けておく必要があります。この預け入れる資金が「証拠金」です。

この証拠金を使用した取引のことを「証拠金取引」と呼びます。

ビットコインFXの場合、買い注文を入れても実際にビットコインの現物をもらえるわけではありません。ビットコインの買い注文を入れたという取引の結果が残るだけです。その後、ビットコインの価格が上がった後に売却する決済注文を入れると、値上がりした分だけ利益を得ることができます。

ビットコインの現物がなくてもトレードができるので、ビットコインFXでは、買いだけでなく売りからでもエントリーができます。

ビットコインFXとは、ビットコインを対象にした証拠金取引を指します。証拠金取引では現物の受け渡しはなく、売買によって生じた差額のみを受け渡すことになります。

売り注文を入れるとどうなるのか?

 
ビットコインFXで新規売り注文を入れると、約定した時のレートよりも、ビットコインの価格が安くなればなるほど、利益を得ることができます。

仮にビットコインの価格が50万円として、1BTCの新規売り注文を入れるとします。その後、BTCの価格が40万円まで落ちた後に決済注文を入れて買い戻すと、差額分の10万円を得ることができます。

ビットコインの価格が上がると思うなら買い注文を入れ、下がると思うなら売り注文を入れる。思惑通りにレートが動けば利益を得られますし、思惑と反対方向に動けば損失が出ます。

これがビットコインFXの基本的な売買の仕組みとなります。

ビットコインFXでは、売りからのエントリーが可能です。その場合、約定した時のレートよりビットコインの価格が安くなるほど利益を得ることができます。

ビットコインFXは理論上は儲かる

ビットコインFXならば、2017年の上昇相場だけでなく、2018年の下降相場でも儲けることができます。

実際、プロのトレーダーの中には2018年も順調にビットコインFXで稼いだ人達がいます。ビットコインの価格が高い時に新規売り注文を入れ、暴落した後に決済注文を入れることで大きく稼げたというトレーダーの中には、プロだけでなく、アマチュアの投資家もいます。

ビットコインFXも通常の投資同様に、思惑通りにレートが動けば儲けることができます。むしろ儲かるか否かで言えば、レバレッジを働かせることで、現物取引以上の利益を得ることができるでしょう。

ただし、ビットコインFXは大きく儲けることができる一方で、大損するリスクもあるトレードです。次の項目で詳しく説明していきます。

ビットコインFXはレバレッジを働かせることで現物取引以上の利益を得ることができる一方、大損するリスクもあります。

ビットコインFXでマイナスになる理由とは?

 
2018年ビットコインは大暴落しましたが、現物取引をしている以上、ビットコインの投資でマイナスになるということは基本的にありません。ここで言うマイナスとは元本以上の損失を被ることであり、元本割れすることではありません。

例えば100万円分のビットコインを買った場合、その価値が元本割れすることで100万円以下になることはあっても、0円よりも低くなることはないということです。

しかしビットコインFXをやる場合、100万円の損失どころか、それ以上の損失を被るリスクがあります。レバレッジを効かせることで、元本以上の損失が発生することがあるからです。

仮にレバレッジ10倍で、元本が100万円、BTCの価格が100万円とします。現物取引ならば、100万円では1BTCしか買えません。しかし、レバレッジ10倍のFXなら、100万円を証拠金にすることで、最大で10BTCのトレードができます。

例えばビットコインの価格が今後暴落すると予測するとし、10BTC分の売り注文を入れるとします。
その後、思惑が外れ、ビットコインの価格が100万円から110万円まで上昇したとします。すると、10BTC分の売り注文を入れているので、含み損は10万×10BTCで100万円になります。ビットコインの価格がさらに上昇すれば、100万円以上の損失が発生し、マイナスになります。

このようにFXでは、レバレッジをかけることで元本以上の損失が出るリスクがあるので注意が必要です。

FXでは、レバレッジを効かせることで元本以上の損失が発生する可能性があります。

ロスカットのリスク

 
損失が大きくなると元本以上の損失が出る可能性があるビットコインFXですが、国内の取引所にはロスカットルールがあるので、元本以上の損失が出ることは滅多にありません。中には運悪くロスカットが間に合わずマイナスになる人もいますが、ロスカットルールが機能している限り、マイナスになることは基本的にありません。

ロスカットとは、一定額以上の損失が発生した際に、取引所が強制的に決済注文を出して取引を終了させる制度です。

このロスカットの判断基準は取引所によって違います。安全にトレードをするなら、ロスカットの基準が高めの取引所がオススメです。しかし、基準が高すぎると、ちょっと損失が出る度に決済注文が入り損失が確定するので、トレードがやり難くなります。ロスカットの基準は、だいたい証拠金維持率70%から80%ぐらいが妥当でしょう。

元本以上の損失が出ないように国内の取引所にはロスカットルールがあります。ロスカットの判断基準は取引所によって異なるものの、だいたい証拠金維持率70%から80%ぐらいが妥当とされています。

まとめ

ビットコインFXとは、主にBTC/JPYを対象にした証拠金取引のことを指します。
証拠金取引では、現物の受け渡しはありません。売買によって生じた差額のみを受け渡すことになります。

ビットコインFXでは、ビットコインの現物がなくてもトレードができるので、売りからでもエントリーができます。つまり、上昇相場だけでなく、下降相場でも儲けることができます。

ビットコインFXは思惑通りに動けば稼げますが、外すとレバレッジが高い分、大損をします。

ロスカットルールがあるので損失はある程度抑えられますが、ロスカットばかりでは損失が増え、かえって資金を溶かすことにもなりかねません。

ビットコインFXで稼ごうと思うなら、まずは取引の仕組みと、リスクの管理方法、利益を出すためのトレードの方法などを学ぶ必要があるでしょう。

メロスケ

記事にもある通り、ビットコインFXで稼ぐには技術が必要❣デモトレードができる取引所もあるから、「儲かるから」で突然始めるのではなく、まずは実戦を積んでから参戦することがオススメだよ🔥

メロスケ

Merokoではこの記事の他にも、「初心者ガイド」のカテゴリで、仮想通貨初心者の皆さんにブロックチェーンや仮想通貨に関するあれこれを解説しています❣

 

もし分からない言葉があれば、他のページも覗いてみて欲しいな。

皆さんの知識が深まるお手伝いができると、僕も嬉しいです🤗✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です