今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインATMのBitcoiniacs、ウォレット企業のCryptXと提携。手数料削減へ。

世界初のビットコインATM企業として知られるBitcoiniacsは、暗号資産(仮想通貨)ウォレットサービスを提供しているCryptXとパートナーシップを発表しました。業務効率化や手数料削減が期待されています。

ブロックチェーン手数料を削減

カナダを拠点とし、2013年にバンクーバーのコーヒーショップに世界で初めてビットコインATMを設置したBitcoiniacsは2月25日、ウォレット企業CryptXと提携したことを明らかにしました。

CryptXは2017年に立ち上げられたスタートアップ企業で、現在7つの異なるブロックチェーンから100を超える暗号資産をサポートしています。

また顧客の秘密鍵をスイス銀行クラスのハードウェアセキュリティモジュール(HSM)に保存し、ユーザーに高セキュリティと低料金の使用料を提供しています。

BitcoiniacsのCEOであるChristopher Concepcion(クリストファー・コンセプシオン)氏は、運用ウォレットをCryptX Walletに切り替えることで、アルゴリズムが実現するブロックチェーン手数料の削減により、大幅なコスト減に繋がると述べ「デジタル資産は金融に革命をもたらしている」と強調しました。

1つのウォレットで様々なニーズに応える

CryptXのCEOであるGeorge Gvazava氏も次のようにコメントしています。

「世界初のクリプトATMネットワークであるBitcoiniancsと提携することは、CryptXにとって素晴らしいことです。この提携により、Bitcoiniancsの業務とビジネスプロセスがさらに効率化されます。CryptXグループは、お客様に高品質で最先端かつ効率的な製品とサービスを提供することに意欲を持っています」

CryptX WalletではATMだけでなくこれまで暗号資産のカジノ・Eコマース・取引所など、様々なタイプのビジネスの一般的なニーズだけでなく、カスタムニーズにも対応しています。

カスタムブロックチェーンソフトウェアの開発を提供し、グルジアとウクライナで40台以上の暗号資産ATMを運営、取引サービスであるCryptalを提供しています。

また新製品のCryptX Terminalでは複数の取引所で24時間365日取引が可能なアービトラージ、インジケーターボットも利用可能など幅広いサービスを提供しています。

一方Bitcoiniacsはカナダ全土だけでなく、フィリピンにも暗号資産ATMを拡大しており、今回の提携により世界中でますます便利になると言えるでしょう。