今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットフィネックスが取り扱い見直しへ、ユーザー満足度向上を目指す

大手仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が流動性の低い仮想通貨を中心に、上場を廃止する計画を発表しました。

ビットフィネックスが取り扱い見直しへ、ユーザー満足度向上を目指す

ビットフィネックスの報道発表では、上場の廃止に関して以下のように述べられています。

「取引ペアの一部を廃止することで、ビットフィネックス全体の流動性向上と改善に繋がります。これによって、ユーザーにより合理的で最適化されたサービスを提供することが可能です」

海外取引所では昨年9月にBinance(バイナンス)も上場廃止を行っており、ビットフィネックスの今回の廃止もそれに続く格好となります。廃止の背景には流動性の低い取引ペアを提供するための管理コストの問題だけでなく、価格操作、外部攻撃、犯罪などに悪用されるリスクを回避するためのものだと考えられています。

バブル崩壊後も復活できなかった一部のトークン

今回の廃止ではビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)建ての取引ペアが最も多かった他、日本円とヴァージ(XVG)、オミセゴー(OMG)とゼロエックス(ZRX)の取引ペアなども廃止されることになります。

上場廃止後には、その取引ペアで約定していない注文は自動的にキャンセルとなります。また、廃止される取引ペアの多くはバブル崩壊後の弱気市場で大きなダメージを受けたものが多く、投資家にとっても魅力に欠けるものだったとのことです。

他取引所へ追いつくためのIEOによるトークン新規投入

ビットフィネックスでは上場廃止を行う一方で、IEOを通じて新規トークンを続々と上場させています。

コインマーケットキャップのデータによれば、現在の取引高は約1億1100万ドルとなっており、OKExやHuobiの数十億ドル規模の取引高と比べると、少ない印象があります。IEOによって新たなコインを上場させ続けることで、こうした取引所の投資家を惹きつけたい狙いがあるのかもしれません。

実際に、ビットフィネックスはバイナンスなども上場を廃止したビットコインSV(BSV)を継続して取り扱っています。