今日の情報が、明日の君をつくる。

Bithumb Globalが「次世代」仮想通貨取引所を発表、コンサル企業Zebra Globalと戦略的提携

仮想通貨取引所Bithumb Globalが、グローバルコンサルティング企業Zebra Globalと戦略的提携契約を結び「Bithumb Globalバージョン1.0」の新たな取り組みと機能が発表されました。これによりクレジットカードでの購入やモバイルアプリで独自ステーキング機能「BGステーキング」が利用可能となります。また、ユーザーが資産をロックすることで注目プロジェクトのトークンがもらえる「BGステージング」も注目されています。

Bithumb GlobalとZebra Globalが提携

香港を拠点とするZebra Globalは東京・上海・北京・ソウル・ホーチミンにも支店をおき、アジアのブロックチェーンプロジェクトのマーケティングやPRをサポートしているグローバルマーケティング企業です。

9月26日に仮想通貨取引所Bithumb GlobalとZebra Globalは戦略的提携契約を締結し、協力して市場の普及を目指していくと発表しました。また提携に合わせ、取引所内のメジャーアップデートが行われ「Bithumb Globalバージョン1.0」が正式にリリースされました。

メジャーアップデートにより新たに下記の機能が追加されました

・モバイルアプリに「BGステーキング」とC2Cトランザクションが追加

・クレジットカードでの購入が可能に

・日本語版を追加

・新しいユーザーインターフェイス

となっており、他にも友好的なデジタルエコシステム構築するとして、コミュニティリソースを支援するツールのリリースやビジョンの認識を広める新しいプログラム「Unleash」も開始されます。

注目の機能「BGステージング」とは?

またBithumb Global内に実装された注目の機能の1つに「BGステージング」があります。BGステーキングはその名の通りコインのステーキング機能ですが「BGステージング」はユーザーがテザー(USDT)などの資産をロックアップすることでBithumb Globalで事前に選ばれた注目のプロジェクトのトークンが配布される仕組みとなっています。

そのため、従来の取引所内で行われるIEOなどの資金調達と違い、「BGステージング」ではラウンド中に法定通貨および仮想通貨で投資する必要がありません。

Bithumb Globalは韓国の大手取引所Bithumbが流動性の確保と世界中のユーザーが参加できるよう2019年に設立した仮想通貨取引所です。Bithumbは2014年に設立されましたが当時利用者の80%が韓国からとなっていました。

2019年5月にBithumb Globalのβ版がローンチされましたが、現在では世界中から100万人以上のユーザーが登録しており、1日の取引高も3億8,100万ドル(約410億円)を超えていると主張しています。

今後、主要の取引所となることができるのか注目が集まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です