今日の情報が、明日の君をつくる。

BitMEXで約210億円のポジションが清算、ビットコインは一時下落へ

超ハイレバレッジの取引で有名な仮想通貨取引所BitMEXで、ロングとショートを含めた約1億9000万ドル(約210億円)のポジションが清算されました。この影響もあってか、ビットコイン(BTC)は2月26日の14:00(UTC)頃から、9,000ドルを割り込み価格は下落しました。

混乱続く仮想通貨と世界の金融市場

CoinDesk BPIのデータによれば、デリバティブ市場の価格はビットコインが6%以上下落して8,675ドルまで下がったことが要因になっているようです。新型のコロナウイルスの影響もあり、S&P500やダウ・ジョーンズ・インダストリアルなどの指数も1週間で7%の下落を記録しています。ビットコインだけでなく、世界経済も揺れ動いている状態です。

世界経済と相関性が消えつつあるビットコイン

これまで、ビットコインはリスクオフの1つの手段として考えられてきました。昨年の習近平国家主席のブロックチェーン発言で価格が大きく上昇した時には、ビットコインとマクロ経済との間に相関性が生まれたという意見も出ています。一方で、今回の大幅な下落の動きは、ゴールドなどと同様にビットコインが逃避資産であり、世界経済の不確実性に対して機能するという考え方を真っ向から否定するものでしょう。

こうした動きを受けて、Coinistのリサーチアナリストであるルーク・マーティン氏は、世界経済とビットコインの間に相関性はないと指摘しました。具体的には、「株式市場が下がったからといってビットコインの価格が上昇するわけではないし、ゴールドの価格が上昇したからといってビットコインの価格も上昇するわけではない」と述べています。

200日移動平均線に注目

取引量が増加したのはBitMEXだけではありません。OKExの仮想通貨デリバティブの名目ボリュームも、過去最高の1,500万ドルにまで達しました。今後数週間、200日移動平均線がある8,773ドル付近この価格帯で取引が終わるようであれば、さらなる下落が起こる可能性もあるでしょう。