今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨よりブロックチェーンに投資をすべき?ビットコインはバブル時の高値を超えない?


仮想通貨は現在、バブルが弾け下落相場が続いており以前より活気が無くなっています。それにも関わらずブロックチェーン技術に関しては各企業が採用を行うニュースが相次いでいます。仮想通貨に否定的な各著名人もブロックチェーンは認めるような発言も多いため、ブロックチェーン企業の成長に期待が高まる声も多くなって来ています。

ブロックチェーン技術を探求している企業に投資を

ビットコインBTC)誕生後、早期に購入した人達は2017年末に予想をはるかに超える20,000ドル(約219万円)を超えた時、それが非常に賢明な投資であることが証明され注目の的にもなりました。

しかし、2018年に入り大幅な下落を見せ3,500ドル(約38万円)と言う安値を更新し、現在でも以前のような活気を見せる事はありません。

専門家の間でも、ビットコインが以前の高値を更新する事は二度とないと予測する声が多く寄せられています。しかしそのような状況であっても、仮想通貨の基盤となるブロックチェーンには専門家だけではなく、投資家、著名人、さらには仮想通貨否定論者に至るまで、その技術を認め、大きな期待が寄せられています。

もし、ブロックチェーンへの投資を考えているのであれば、ICOへの参加でリターンを得る事を目的とするだけではなく、仮想通貨以外の使い道としてブロックチェーン技術の活用を積極的に探求している企業への投資も考えてみても良いのかもしれません。

増加するブロックチェーンスタートアップ企業への投資

仮想通貨やブロックチェーン技術に重視した新興企業へのベンチャーキャピタル投資は、昨年の時点でほぼ4倍となる10億ドル(約1098億円)から39億ドル(約4280億円)にまで増え、実際に取引完了まで至ったのは384社と急上昇を見せています。

この中には世界最大のマイニング事業Bitmain社がセコイアキャピタルの子会社セコイアチャイナやシンガポールの政府系投資企業EDBIなどから調達した4億ドル(約439億円)や、ブロックチェーンクラウドサービスの開発を行うDfinityがpolychainなどから調達した1億6300万ドル(約179億円)なども含まれています。

既にいくつかの業界では業務の促進と合理化のために急速にブロックチェーンの移行が見られます。

これはコスト削減や透明性の確保、セキュリティの向上が可能にするからであり、ブロックチェーンの恩恵を受けることができる業者は40以上あるとも言われ今後、数年間でこの流れはますます加速していくと思われます。

22日には韓国の仮想通貨取引所Bithumbの親会社が米株式市場の上場を目指し、米上場企業との合併を進めていくと発表したばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です