今日の情報が、明日の君をつくる。

注目の技術「ブロックチェーン」によって、私たちの生活は豊かになるのか?

2017年より注目を集めている仮想通貨ですが、ブロックチェーンとはこれら仮想通貨の中核となる根幹の技術のことを指します。

果たしてブロックチェーンとは一体何なのでしょうか?この新しい技術は生活にどのような恩恵をもたらすのでしょうか?

ブロックチェーンは非常に画期的な発明です。ブロックチェーンを使用すれば、今までできなかったことが可能となるので、社会は大きく変わってくるでしょう。

今回の記事では、ブロックチェーンの技術が導入されると社会はどのように変化するのか、私たちの生活に与える影響について解説します。

「仮想通貨じゃない、ブロックチェーン技術が革新的なんだ!」 ブロックチェーンの仕組みを簡単に解説

メロスケ

上の記事ではブロックチェーンの仕組みについてご紹介させてもらったよ😉✨

 

この記事ではそこからさらに発展して、ブロックチェーンがどのように僕たちの生活に活かされていくのかについてご紹介したいと思います💯

 

よく師匠が「ブロックチェーンは物事を管理する仕組みだ」って言っているけど、どうしてそう言っているのか、この記事を読めば分かってもらえるんじゃないかな👍

ブロックチェーンは何が凄いのか?


ビットコイン(BTC)の台頭に合わせて世間から注目を集めているブロックチェーンとは、そもそもどんな技術であり、一体何が凄いのでしょうか?

ブロックチェーンの凄いとこは、仲介する管理者の存在なしで安全にシステムの運用できることです。

例えばビットコインの場合、この仮想通貨を管理する中央集権的な存在はありません。これが日本円やドル、ユーロなどの法定通貨の場合、中央銀行や政府などがお金を管理することになります。 しかしビットコインでは、特定の誰かが管理をするわけではなくとも、誰にも改ざんされることがなく、不正が介入する余地がありません。そのため、安全に運用することが可能です。

ブロックチェーンでは、中央サーバーを置く代わりに、P2P(ピアツーピア)と呼ばれる技術を使用することで、ユーザー同士のネットワークを連携することに成功しています。 このネットワークでは、お互いが互いを監視することで、不正ができない仕組みになっています。 この互いを監視する仕組みがあるからこそ、ビットコインは非中央集権的でありながら安全な運用を可能としています。

ブロックチェーンを土台にしているビットコインは、銀行などを必要とせずとも安全に運用ができる仕組みとなっています。

ブロックチェーンがあれば銀行は不要?


銀行がこの世界から無くなったら経済は大混乱に陥いるため、銀行が無くなることはまず無いでしょう。

ただし、現在の銀行業務の中には、ブロックチェーンで代用することが可能なものも含まれています。例えば、仮想通貨でも安全に海外送金をする時が可能ですし、なにより手数料も銀行に比べはるかに安価です。また、日本では銀行口座を持っているのが当たり前ですが、世界規模で考えると4人に1人は銀行口座を保有していないアンバンクト(unbanked)だと言われています。仮想通貨ならばスマホやパソコンさえあれば、いつでもネットワークを通じて送金することができるので、口座保有率が低い国ほど仮想通貨は使いやすいと言えるでしょう。

ブロックチェーンが普及し仮想通貨の利用が当たり前になると、海外でのお金のやり取りがより簡易になることが考えられるため、銀行の営業形態にも変化があるかもしれません。

銀行が無くなることは無いものの、送金や決済で高い利便性を持つ仮想通貨の利用が当たり前になると、営業形態に変化がある可能性があります。

金融以外の影響とは?


ブロックチェーンの影響を受けるのは銀行などの金融業界だけではありません。ブロックチェーンは、どの業界にも影響を与えうる技術です。

例えば、食品産業では、ブロックチェーンの技術を応用することで、一つ一つの商品の産地などをすべて管理することができるでしょう。スーパーで販売されているような野菜や果物は、ラベルを見れば産地まではわかるでしょうが、どのような工程を経てスーパーまで送られてきたのかはわかりません。これがブロックチェーンによってすべて管理されると、どこから出荷し、どのような過程を経てここまで来たのか、すべてのデータをバーコードを読むだけでわかるでしょう。

有名なアーティストのチケットなどは偽造できませんし、転売も不可能になります。音楽や絵画、漫画、映像などの作品も、ブロックチェーンで管理してしまえば、ネット上のどこからであっても正当に権利を主張できるので、海賊版などの取り締まりが簡単にできるようになります。

不動産の登記などのデータの管理も、ブロックチェーンで簡単に管理することが可能です。ブロックチェーンの強みは安全にデータを送信することです。誰にもデータを改ざんすることができないので、不動産の登記情報のような重要なデータであっても安全に保管し、取扱うことができます。

ブロックチェーンの技術は、選挙のような公共の分野でも真価を発揮します。ブロックチェーンで選挙を行えば、誰にも不正されることなく、公正にネット上より投票ができるでしょう。ブロックチェーンで管理されたデータは誰にも改ざんや複製ができないので、選挙との相性が非常に良いです。

医療の世界でも、患者のデータをブロックチェーン上で管理してしまえば、今までとは違う病院に搬送されて治療を受ける際にも、ブロックチェーンのデータを参考にすることで、医者がすぐに持病や過去の病歴を知り治療に活かすことができます。

改ざんされないデータを分散的に管理できるブロックチェーンが活躍できる場は多岐に渡り、情報が氾濫している今のような時代ではより一層役に立つ技術です。

ブロックチェーンは中央集権的な取り組みを無くす技術


ブロックチェーンを活用すると、管理者が存在せずともビジネスやサービスを運営することができます。

また、銀行に限らず、あらゆる分野での応用が可能です。 例えば土地を売買する時、従来であれば不動産会社が仲介をすることになるでしょう。購入した土地の所有権を主張するためには、法務局にて登記をしなければなりません。 取引をする時、情報が正しいことを証明するためには、本来であれば第三者の証明が必要になります。ブロックチェーンでは、この第三者の証明がなくても、その情報が正しいことを証明することができます。

本来、車を購入しようとするとき、ディーラーのような第三者を挟まずに購入することは、高いリスクを伴います。しかし、ブロックチェーンによって管理されている社会であれば、見ず知らずの他人から自動車を購入する場合であっても、安全に取引できるでしょう。

ブロックチェーンを活用すると、管理者が存在しない非中央集権的なビジネスやサービスが可能となります。

まとめ

ブロックチェーンは、銀行だけでなく食品業者や不動産など、多くの業界で活用することが可能です。

今後この技術が正しく普及することで、便利で安全な取引が利用できるようになることが期待されています。

メロスケ

ブロックチェーンを理解すると、様々な業界での活用事例が浮かんできて、とってもワクワクするんだよね💕

 

ビットコインが生まれて10年、ブロックチェーンは沢山の企業で利用されるようになりました。ここから国の利用が始まったら、さらに普及が進むんじゃないかな💕

 

ブロックチェーンによって僕たちの暮らしがより便利になるのも、もうすぐかもしれないね✨

メロスケ

Merokoではこの記事の他にも、「初心者ガイド」のカテゴリで、仮想通貨初心者の皆さんにブロックチェーンや仮想通貨に関するあれこれを解説しています❣ 

 

もし分からない言葉があれば、他のページも覗いてみて欲しいな。

皆さんの知識が深まるお手伝いができると、僕も嬉しいです🤗✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です