今日の情報が、明日の君をつくる。

BMWとGM、自動運転のデータ収集のためにブロックチェーンを利用

ブロックチェーンが持つ強力な特性が認知されるのに合わせて、同技術は世界的な産業へと発展しつつあります。ブロックチェーンは単なる金融ソリューションとしてだけでなく、あらゆる産業に革命をもたらすテクノロジーであり、より効率的に、そしてよりユーザーファーストなメリットを生み出すことができます。

世界的な自動車メーカーであるBMWGeneral Motors(GM)は、ブロックチェーンのこうした可能性に注目し、自動運転のデータ収集への活用をスタートしました。

DLTコンソーシアム「MOBI」の設立で自動運転のデータ共有を目指す

MOBI(Mobility Open Blockchain Initiative)は、スマートモビリティ時代におけるブロックチェーンを活用したデータ共有のため、2018年に設立されたコンソーシアムです。MOBIでは現在、GMが議長を務めるAVDM(Autonomous Vehicle Data Market)のための次期作業部会を準備中です。自動車メーカーは、昨年アメリカの自動車メーカーであるFordが特許を出願した「車間距離の相互協力システム」のように、様々な技術開発を積極的に行っています。

Coindeskが報じたところによると、AVDMワーキンググループの議長でグローバルイノベーションのGMマネージャーであるMichal Filipowski氏は、以下のように述べています。

「私はAVDMワーキンググループの議長を務め、他のOEM(相手先)およびサプライヤーのMOBIメンバーと共同で開発作業をスタートできることにとても興奮しています」

BMWはMOBI創設メンバーである

BMWはMOBIの創設メンバーでもあります。同社は以前、リース車の走行距離を追跡するためにブロックチェーン技術をテストした経験があります。その経験があったからこそ、自動運転のデータをMOBIのようなDLTコンソーシアムで共有することの重要性を認識しており、設立の後押しになったようです。

BMWグループのブロックチェーンリーダーであるAndre Luckow氏は、以下のように述べています。

「ブロックチェーンの出現によって分散型のデータ管理が可能となり、プライバシー保護と効率性を高めます。さらに、分散型機械学習、安全なマルチパーティ型機密コンピューティング、分散型データ市場などの新興技術は、自律的時代のデータ処理プロセスの基盤となるでしょう」

自律型自動車産業を成功させるためには、道路状況、気象条件、運転手の特性、例外的に起こるシーンなど、何百時間というさまざまな種類のデータを収集・分析する必要があります。自動車メーカはこれまで、自社の製品開発のためだけにこうしたデータの収集を行ってきました。しかし、このやり方では非効率的です。自動車メーカーが相互にデータを収集してそれを共有する。お互いの努力によって完全なデータを作り上げることができます。

こうした取り組みは、最終的にはユーザーへ最適な安全を提供することにつながり、自動車メーカーの研究・開発時間の削減にもつながるのです。

このような試みを通して、ブロックチェーン技術が多くの人々のより良い暮らしをサポート未来が来るのはそうとうくない未来なのではないでようか。ブロックチェーンの技術は金融ソリューションとしてだけでなく、様々な側面から人々を幸せにするツールなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です