今日の情報が、明日の君をつくる。

急成長を遂げる2つの業界、AIとブロックチェーンはマッチするのか?

AIは、知能を必要とするタスクを実行できる機械を作成するために使用される、「人工知能」です。一方、ブロックチェーンは暗号化されたデータを格納するために使用される「分散型データベース」です。近年注目を集める2つの技術ですが、この2つを上手く結びつけることはできるのでしょうか?

AIによる「データ革命」

2つのテクノロジーにはそれぞれ独自の複雑さがあり、組み合わせることで両方の業界でさらなる技術の促進に役立つ可能性があります。それゆえに、開発者らはブロックチェーンとAIを組み合わせる可能性を検討してきましたが、そのようなアプリケーションはまだ数少ないのが現状だと言えます。

しかし、両テクノロジーは互いに独立しているもののここ数年で急速な成長を遂げています。AIとは、一般的に次の技術革命と呼ばれています。これまで主にビッグデータの分野での進歩、いわゆる「データ革命」が起き、今ではコンピューターがそのデータを管理し操作することができます。

データの取り扱いは今後、ますます注目されるトピックであり、個人情報などあらゆる情報を企業は法的、または道徳的に保護する必要があります。

ブロックチェーン×AI

仮想通貨やブロックチェーン企業は既に、AIが自社製品やサービス向上にどのように役立つか模索を続けています。データの出現と豊富さは実行可能なデータソリューションとしてブロックチェーンの促進に役立ちます。

ブロックチェーンの開発が進めば、特にデータストレージや高速アクセスを検討した場合、AIと機械学習の将来にも大きな影響を与える事ができます。

ブロックチェーンを用いれば、膨大な量のデータを小さなセクションに分割しネットワーク上に分散され、1~2つのノードが危険にさらされてもデータは失われないため安全に保存、共有ができます。

これらが、ブロックチェーンから学ぶように構築されたコンピューターやプログラムであれば、プログラムから膨大な量の情報を学ぶことができるため、AIのより一層の向上が予想されます。

また全てが暗号化されることにより、データを改ざんする事もできないため機密データや個人情報を保存するのに最適な手段となり、AIと組み合わせる事によって医療業界やエンタメ業界など様々な業界の利用者に最も価値のあるサービスを推奨できます。

仮想通貨分析サービス会社Squilla Capitalの共同創設者であるDanil Myakin氏は、テクノロジー、仮想通貨、AIを共有するアプリケーションが徐々に急増していると指摘し、次の様に述べています。

「十分なサンプルセットがあれば、機械学習を使用してトレーニングされたコンピューターは人間よりも正確な洞察を常に導き出します。近年、この理論は全ての主要な金融市場で証明されており、現在は暗号学にも適用され、同様に説得力のある結果が得られています。」

各々が大きな可能性を秘めているブロックチェーンとAIの2つの業界が組み合わされば、より利便性のある新しい製品が、続々と誕生します。スマートフォンなど私たちが日常的に使っている製品にも多大な影響を与えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です