今日の情報が、明日の君をつくる。

ブロックチェーンはスポーツ賭博にどんな影響を与えるのか?

当初、古典的な通貨に代わるものとして導入されたBitcoinブロックチェーンシステムですが、その技術的は、様々な分野での用途を見いだし続けています。

海外において、スポーツ賭博は非常に人気の高い娯楽となっています。その一方で、賭け事と言う性質からか、未だに不透明な部分が多くある事が指摘されています。ブロックチェーンを用いれば、スポーツ賭博に透明性と信頼性をもたらす事ができると期待されています。

急成長するスポーツ賭博業界

スポーツ賭博は1961年に合法化されて以来、非常に人気のある業界です。イギリスでは2015年~2018年の間に32.5億ポンド(約4700億円)もの利益を生み出しており、これはギャンブル業界で2番目に高い利益となっています。

しかし、ギャンブル業界にはイカサマやオッズ設定、詐欺サイトなどが存在し透明性が欠けている事がかねてから指摘され続けてきました。さらに、様々な取り決めも、非常に中央集権的なものとなっています。

そこで、スポーツ賭博へのブロックチェーン技術の応用が期待されています。分散型システムを用いることで、信頼性と透明性の向上だけでなく、多くの利点がもたらされると言われています。

昨年9月にも、スポーツ賭博に関する事件

アメリカでは、去年9月、フットボール・リーグのNFLに関連した賭博に110ドル(約12,000円)を払った男性がいました。

その男性は見事82,000ドル(約900万円)を獲得したものの、スポーツ賭博を提供したブックメーカーが自動化システムの誤作動によって誤ったオッズが計算されてしまったと主張し、支払いを拒否する事件が起きていました。

その後、メディアの大々的な報道により全額支払いが合意されたものの、企業による中央集権的な運営が浮き彫りとなりました。

ブロックチェーンがもたらす利点

もし、ブロックチェーンが導入されるようになれば、このようなミスや改ざんを防ぐことができ、成立しないオッズなどをコントロールする事で高い安全性がもたらされます。

また、P2Pで賭博システムの構築を行うことで、面倒な手順や費用、不必要な仲介者を排除することができ、その分を利用者に還元することも可能となります。

ブックメーカーを装った詐欺的なサイトの存在も数多く報告され問題視されていました。
ブロックチェーンの分散型システムを用いれば、利用者はオペレータの記録などが確認ができ、被害を事前に防ぐ事ができます。

このように、ブロックチェーンの導入は、利用者にとっても大きなメリットが存在します。

さらに、これまでブックメーカーを利用する際には個人情報が必要となっていましたが、指定されたウォレットにビットコインなどの仮想通貨を送るだけで済むため、匿名性も確保できます。

フォームの記入が不要になるため、より迅速なプロセスも可能です。

このようにブロックチェーンが双方にとって多大な利益をもたらす可能性があるため、ブロックチェーンの導入に期待が持たれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です