今日の情報が、明日の君をつくる。

ブロックチェーンとIoTの違いとは?

ブロックチェーンとIoT(モノのインターネット)は頻繁に比較されます。一方で、2つの違いを正しく理解するためには、それぞれがどのように機能するのか、他の技術や製品とどのように連携できるのかなど、本質的な要素を学ぶ必要があります。

ブロックチェーンとIoTの違い

取引を記録するために開発されたブロックチェーンは、さまざまなプロセスを自動化することができます。トラストレスで記録を残すことができ、改ざんもできないため安全です。仮想通貨は、ブロックチェーン上に作り出せる商品の良い事例の1つとも考えられます。加えて、金融だけでなく、ゲームやギャンブル、製品開発や公的業務などにも応用可能な有用性を備えています。

これに対してIoTは、モノをインターネットに繋げる仕組みです。これは、パソコンでインターネットを使っていた時代から、新しいフェーズへ移行することであり、それを実現するさまざまなアイディアを指しています。たとえば、スマートフォンなどはIoTの1つの例です。デバイスがインターネットと相互接続されており、ユーザーはどこにいてもさまざまな情報へアクセスすることができます。

ブロックチェーンとIoTの統合

ブロックチェーンとIoTを結びつけたプロジェクトでは、アイオータ(IOTA)が挙げられます。ブロックチェーンは、それ単独ではなく、IoTの技術を合わせ相互作用を生み出すことで、さらなる可能性を発揮します。

IT専門家向けのコンテンツを提供するJaxenterは、「ブロックチェーンは単なる技術であり、企業は相互作用のためにSalesforceやSAPなど既存のシステムなと結びつけることを求めている」と述べています。加えて、ブロックチェーンとIoTの統合は、ベルトコンベアーを使うように日常的になり、そう遠くない未来に起こると見解を示しています。