今日の情報が、明日の君をつくる。

アラブ首長国連邦の保健省、医療データ管理のブロックチェーンプラットフォーム公開

アラブ首長国連邦(UAE)の保健予防省(MOHAP)は、大統領府、ドバイ・ヘルスケア・シティ(DHCC)、関連当局と協力し、ブロックチェーンを使った医療データ管理のプラットフォーム立ち上げを発表しました。

UAE保健省、ブロックチェーンベースの医療データ管理を開始

2月2日にエミレーツ通信社が報じたところによると、このプラットフォームはMOHAPや関連する当局のスマートヘルスサービス改善のために立ち上げられたものとのことです。法的に認可された医療方法・機関などを、ユーザーが検索することが可能で、医薬品の問い合わせなどにも活用することができます。

MOHAPの公衆衛生政策部長であるLubna Al Shaali博士は、このプラットフォームではブロックチェーン技術を活用することでデータの改ざんができない高セキュリティを持ったシステムが構築できたと述べています。

加えて、MOHAPの意向もあり、このプラットフォームにはAI(人工知能)も組み込まれています。次官補であるAmin Hussein Al Amiri博士は、「UAEセンテニアル2071に則り、AI技術を織り込むことでサービスを強化し、スマートヘルスケアのさらなる向上が見込めます」と見解を示しました。

ブロックチェーンテクノロジーを牽引するUAE

UAEでは今月初めから政府機関の80%がブロックチェーン技術の業務への使用を開始したとのことです。例えば、ドバイの経済開発局は貿易用のライセンスや企業の登録ができるブロックチェーンベースのシステムへの移行を発表しています。

人命に関わるヘルスケアの部門において、データの透明性が担保されていることは非常に重要です。ブロックチェーンを活用することで、分散された安全で効率的なプラットフォームを構築することができ、ユーザーへ信頼性の高い情報を提供することができます。

一方で、規制、プロバイダー、ビジネスなどにおいて、実際の患者に対してどのように適用できるかは未知数です。今後の展開からも目が離せません。