今日の情報が、明日の君をつくる。

日本の大手電子書籍取次メディアドゥホールディングスがブロックチェーン技術への投資を計画。

国内で電子書籍事業を展開しているメディアドゥホールディングスは、事業の好調を背景に投資を拡大していくことを明らかにしました。そのなかにはブロックチェーン技術が含まれており、2020年秋には流通においてブロックチェーンを実際に導入していくとしています。

メディアドゥがブロックチェーンに投資

メディアドゥホールディングスはLINEマンガなどの電子書籍プラットフォームへコンテンツの提供や流通を担っている企業です。日本国内大小の出版社の電子書籍を取次いで電子書店へ提供する問屋のような役割を果たしています。

日本経済新聞の報道によれば、メディアドゥホールディングスは今後、ブロックチェーンなどの新技術へ投資を拡大していくことが明らかとなりました。

メディアドゥホールディングスは約2100社の出版社と約150店の電子書店間での取次基盤を持っており、国内総額の34%を占める約950億円の流通総額を記録していました。

また新型コロナウイルスによる自粛要請を受け、店舗の休業や会社の在宅化、学校の休校により電子書籍の需要が急増し2020年4月の売上高が前年比で20%増加していました。

同月に発表した2020年2月期の連結決算では、売上高が前年同期比で30%増加となる658億円と過去最高を記録しています。

日本経済新聞によれば、メディアドゥホールディングスは2019年・2020年の2年間で累計3億円をブロックチェーン技術に投資していくと伝えています。

流通にブロックチェーン導入予定

また実際に電子書籍の流通基盤にブロックチェーン技術を導入していく予定であることも今回の報道で分かっています。

メディアドゥホールディングスの藤田聡CEOによると電子書籍の強みは24時間365日、購入できることだと述べ、DLT(分散型台帳技術)を採用することで同社の業務を大幅に改善し、ユーザーがよりアクセスしやすくなると強調しました。

他にも電子書籍の取引履歴をブロックチェーンで安全に記録することができるため、中古販売も可能となり、出版社と作家に著作権料を還元していくことも可能になります。

早くて2020年秋にもAWSが提供するAmazon Managed Blockchainを導入し、2年以内に完了する予定です。

またプロジェクト名はMediaDo Blockchain Platformとなっており、初めに海外ユーザーが正規の日本製のマンガやアニメにアクセスできることで有名な「My Anime List(マイアニメリスト)」に実装する予定となっています。