今日の情報が、明日の君をつくる。

企業がブロックチェーン開発者に支払う時給、アイルランドが米国を抜いて最も高い。

Dev Quarterlyが公開した新たなレポートによれば、ブロックチェーン開発者へ高い報酬を支払っている国がアメリカを抑え、アイルランドであることが分かりました。また開発者に人気のプラットフォームはイーサリアム(ETH)となっています。

ブロックチェーン・エンジニアに手厚い国は?

開発企業の認知度を高めビジネスを支援しているDev Quarterlyが、新たに世界中の390万人の開発者を分析した2020年第2四半期のレポートを公開しました。このレポートではブロックチェーンと仮想通貨についても様々な分析がなされています。

そのなかではブロックチェーン・エンジニアなどの開発者を抱えている企業が5社以上ある国を対象にした「ブロックチェーン開発者の平均時給」も調査されており、シリコンバレーのあるアメリカやカナダを抑え、アイルランドの企業が最も高い時給を払っていることが分かりました。

1位のアイルランドの平均時給は83~136ドル(約8948~14662円)で、上限である高額の場合112~149ドル(約12000~16000円)となっています。

2位はカナダで平均時給53~83ドル(約5700~8948円)で、高額時給はアイルランドと同じとなっています。

一方アメリカは第3位で平均時給が53~80ドル(約5700~8600円)となっているものの上限は114~151ドル(約12300~16280円)と高くなっています。なお上限が最も高いのは第4位のイギリスで162~199ドル(約17460~21450円)となっています。

アジア諸国はどこも振るわず、レポートでは平均時給が西洋諸国と2倍もの差が開いていると述べています。

人気プラットフォームはETH

また今回のレポートではブロックチェーン開発者にとって人気のパブリックプラットフォームは、スマートコントラクト言語Solidityを搭載したイーサリアム(ETH)で次がステラ(XLM)となっています。

プライベートブロックチェーンのカテゴリーで人気なのはHyperledgerが1位で、2位がCorda、次いで他カテゴリーではNEO・EOS・トロンだとしています。

一方、ブロックチェーン開発者を抱えている最も抱えている企業は国別でインド・アメリカ・イギリスが順に多く4位にはウクライナがランクインしています。

しかしブロックチェーン開発者の収入はスマートフォンアプリやWebサイト開発者よりも著しく低く、オセアニアなど一部地域では2倍以上も差が開いていることも指摘しています。