今日の情報が、明日の君をつくる。

豪州で食品の信頼性向上にブロックチェーン導入、輸出業にポジティブな影響が期待

Beef LedgerとNational Transport Insurance(NT)が提携し、食肉のトレーサビリティ確保を目指したブロックチェーン技術の導入を試験的に行うことを明らかにしました。

豪州食品の信頼性向上にブロックチェーン導入

Beef Ledgerはオーストラリア発のブロックチェーンプロジェクトです。食肉の偽装などを防ぎ、消費者が生産者や生産地の正しい情報を確認し、支払いなどで利用できるプラットフォームを提供しています。主に食品の信頼性がより求められている、中国のような地域を対象とした者です。NTは同じくオーストラリアの保険会社であり、トラックでの輸送中に起きた事故などで発生した損害を補償するサービスを提供しています。

2社が提携することで、食品の安全性の向上、動物福祉、輸出安全保障を強化及び改善することが期待されています。ブロックチェーンを導入することで消費者に正しい情報を提供し、病気に感染したもの、着色料を施したものなどの食肉に遭遇する可能性を減少させることが可能です。

サプライチェーンの改善が期待される

NTのCEOであるTony Clark氏は、以下のように見解を示しました。

「今回の取り組みは、オーストラリアにおける産業の流れを改善することに役立ちます。例えば、農業、動物福祉、輸送などです。初期段階ではあるものの、オーストラリアのサプライヤー、消費者、輸出業者にポジティブな影響をもたらすと考えています。」

また、BeefLedgerのWarwick Powell会長も以下のように見解を示しました。

「最近のリサーチによれば、動物福祉に関する倫理基準や懸念は、生産地がどこであるのかと、その情報の信頼度が、特に中国の消費者の最優先事項の1つであることが判明しています。これはオーストラリアが生産地となる製品への関心が高まっている理由でもあるのです。」