今日の情報が、明日の君をつくる。

積水ハウス、賃貸入居の簡素化をブロックチェーンで実現。ワンストップ手続きを可能に。

日本の大手住宅メーカーである積水ハウスがブロックチェーン技術を使い、賃貸住宅シャーメゾンの入居に関する一連の手続きを簡素化するサービスに取り組むことが明らかとなりました。今年度中の実現を目指しています。

積水ハウス、賃貸入居手続きをブロックチェーンで

6月8日、積水ハウスはグループ企業である積和不動産が管理する賃貸住宅シャーメゾンの入居手続きをブロックチェーンで簡素化する取り組みを目指すと発表しました。

従来では入居希望者は、担当者立会いのもと内覧から引っ越すまで物件に足を運び、契約手続きの際にはそれぞれ書類を提出する必要があり、複雑なものとなっていました。

ブロックチェーンを実装すれば、入居希望者が住所や電話番号を登録するだけで内覧から電気・ガス・保険といった契約または引っ越しまでの手続きをワンストップ化できるとしています。

なお、積水ハウスや日立製作所、関西電力らが参画して2020年4月に立ち上げた企業間情報連携推進コンソーシアム「NEXCHAIN(ネクスチェーン)」のブロックチェーン技術が採用されています。現在、ネクスチェーンには18社もの企業が参加しています。

複雑な手間を削減へ

従来の日本の不動産業界では法律や規制の観点から住居申し込みから引っ越し手配に至るまで身元確認のため書類を提出する必要がありました。これは電気・ガス・保険といったインフラも同様で契約の都度、情報書類を提供しなければなりませんでした。

紙ベースのため複雑で時間のかかるほか、企業にとっても確認作業の負担は大きなものとなっています。

しかしブロックチェーン技術により入居希望者がPC・スマートフォンでプラットフォームに情報連携済みの本人情報を使うことでこれらの手間を大幅に削減することが可能になります。

内覧申し込み時には立会人不在でもスマートフォンで玄関のカギを解除し閲覧ができます。また生活インフラサービス契約や引っ越し手配も登録した本人情報をもとに効率化が図れます。

なお、これら一連のサービスは2020年度中の運用開始を目指しています。積水ハウスといえばいち早くブロックチェーンに着目しており、2017年には仮想通貨取引所bitFlyerのmiyabiを用いてシャーメゾンの管理を行っていました。

その際には入居者を対象に賃料支払った際に付与される「MASTポイント」を貯めて、住み替え時家賃3ヶ月分無料となる特典サービスを運用しています。

将来的には不在時でも宅配物の受取や時間を指定したハウスキーパーの受け入れなど生活に特化した様々なサービスの向上を目指す予定です。