今日の情報が、明日の君をつくる。

ブロックチェーンとは?仕組みや機能をわかりやすく解説

ブロックチェーン技術を学ぶ際に分散化やスマートコントラクトなど、主な概念や用語を理解する必要があります。この記事では基本を初心者の方でも理解できるよう解説していきます。

非中央集権型

サトシ・ナカモトによってビットコインが提唱された際に基幹となる技術として共に発表されたのがブロックチェーンです。以降、金融だけでなく物流や医療など様々な業界にもブロックチェーン技術が応用され、インターネット以来の技術革新とも呼ばれていました。

取引データを低コストで限りなく改ざんが不可能なまま誰でも追跡できるのが特徴で、ブロックチェーンは「分散型台帳」とも訳されています。

あらゆる情報が数千台のコンピュータに同時に保存され、ネットワークの各メンバーがその真正性を検証することが可能な分散型データ保存のための革新的なツールとなっています。

従来のデータベースでは取引を承認するために必要な中央管理機関や管理者がいたため、一元管理となっていました。そのため高コストだけでなくハッキングリスクも懸念されていましたが、ブロックチェーンの実装にはこれら仲介者は必要ありません。

取引は2つの当事者間で直接行われ、同時にシステムが完了するのを保証するようにプログラムされています。マイニングを通じてコンセンサスを得ることでサードパーティ(第三者)の関与なしでも取引を可能にしています。

スマートコントラクトの役割

またブロックチェーンを活用するメリットとして契約(コントラクト)を仲介者無しで自動化するスマートコントラクトがあります。

1994年に暗号学者ニック・スザボによって提唱されたスマートコントラクトですが、現在は主にイーサリアム(ETH)ブロックチェーンのコンピュータープロトコルとしても知られています。

契約の条件を含んだプログラムとも定義されており、当事者が合意した条件の履行を自動的に追跡します。これにより従来の契約の履行と締結のコントロールを技術的に行うことができ効率化を実現します。

また利用するすべてのユーザーは情報にアクセスできる権利があり、トランザクションを介して情報を変更することも可能です。

これらの特徴を持つブロックチェーンは普及にまだまだ課題は残っているものの、徐々に社会へ実装されつつあります。2020年には中国のデジタル元が話題となりました。以来CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の研究は各国政府機関によって研究が進んでいます。

またAI時代も到来するとされており、今後も様々な場面でのブロックチェーンの活用といったニュースは増えてくると予想されます。