今日の情報が、明日の君をつくる。

ブロックチェーンが今後市場に与える影響とは?AIと組み合わせショッピングの形を変える可能性も

海外の仮想通貨メディア「Cryptodaily」では将来、ブロックチェーンが与える影響を予測しています。その中でAIとブロックチェーンの開発が進めばオンラインショッピングのさらなる自動化が進み、ドローンによる配達を促進すると主張しています。

ブロックチェーンでサプライチェーンの再構築を可能に

2019年のブロックチェーン技術における主要トレンドの1つに「あらゆるもののトークン化」が挙げられ、今後アートワークから不動産・株式まで簡単にトークンとして発行できるようになると海外の仮想通貨メディア「Cryptodaily」が報じています。

さらにブロックチェーンの採用と同様にAIの開発もあらゆる業界の大手企業で進んでおり、将来的には消費者が商品やサービスを注文すればマシーンがそれを実行し、その対価としてトークンで支払われる様な変化が現れるだろうとも予測されています。

その1つの例として、Cryptodailyではオンラインショッピングを挙げています。

通常、商品やサービスの生産者は消費者の態度や行動を予測できません。そのため従来のデータに基づき提供したとしても不足や過剰生産に繋がる可能性があり、最終的には多大な損失を抱える可能性があります。しかし、AIとブロックチェーンの開発が進めば消費者の変化をデバイスから正確に捉えることができるため、無駄なコストをかけず、サプライチェーンの再構築に大いに役立つと主張しています。

ドローンによる正確な配達を実現

配送サービスにおいてもオフラインストアより多くの従業員を雇う必要があるため、倉庫や生産などの工場は「都市居住者」の近くに設立する傾向があります。しかし、これらの作業もコストが低いロボットに任せられる傾向があると伝えています。

配送サービスを自動化するために、はロボットに決定を下しお金やトークンを処理する権利を与える必要があります。

Cryptodailyではイーサリアム(ETH)のブロックチェーンによるインフラストラクチャで実行すれば「人間とロボット間」またはスマートコントラクトによって「ロボット同士」のやり取りを可能にできるとしています。さらに、これによって現在開発が進んでいるドローンによる配達も促進させることができるとも予測しています。

また、ブロックチェーンの誕生によりあらゆる物に価値が与えられることなり、新たな市場開拓が行われることも示唆しています。

その注目例として、企業が排出するCO2を活用する「炭素ユニット」を挙げています。ブロックチェーンで記録や自由な取引が可能になれば、気候変動問題などに対処するエコ活動が促進されると伝えています。