今日の情報が、明日の君をつくる。

AI×ブロックチェーンがもたらす相乗効果とは?我々のライフスタイルに更なる利便性がもたらされる可能性

AI(人工知能)は次なる技術革命と呼ばれています。仮想通貨の技術であるブロックチェーンと組み合わせれば、学習できる膨大な情報量がより効率的に広がり新しい製品が開発され、我々の暮らしにさらなる利便性がもたらされると予想されています。

AIとブロックチェーンの相性

ビットコイン(BTC)など仮想通貨全般を支えるブロックチェーン技術とAI(人工知能)は共に注目されており、ブロックチェーンは今後AI技術だけでなく、ニュートラルネットワーク・ディープランニングとの統合も予想されています。

両技術の開発が進むことにより、将来的にはブロックチェーンが意思決定を行うことが可能になるとも言われており、すでに一部の仮想通貨・ブロックチェーン企業は、AIを製品やサービスの改善にどのように役立たせるか模索を始めています。

AIを十分に発揮させるためには膨大な量のデータが必要となります。ブロックチェーンを使用すれば大量のデータを安全に保存することが可能となるため、学習できる膨大な量の情報が広がれば、AIのさらなる向上が期待されています。

ブロックチェーンの開発はAIと機械学習の未来、特にデータストレージと高速アクセスを考慮した場合、大きな役割を果たす可能性があります。

AI×ブロックチェーンアプリは急増中

仮想通貨市場の分析サービスを行っているSquilla Capitalの共同設立者であるDanil Myakin氏によると、ブロックチェーン・仮想通貨・AIの技術を共有したアプリの数は急増していると指摘し、次の様に述べています。

「人間の偏見をなくすことはほとんど不可能です。人々は無意識のうちにしばしば自身の感情を犠牲にします。データに基づいた意思決定は、人々の判断を曇らせるノイズを除去し合理的な行動を妨げ、信号のみに焦点を合わせます」

またMyakin氏は、十分なサンプルがあれば機械学習を使って訓練されたコンピューターは、人間よりも正確な洞察を一貫して引きだすことが可能だとし、近年ではこの理論があらゆる金融市場で証明されていると主張しました。

実際、AIとブロックチェーンは驚くべき速さで成長しており、今後新たな製品が続々と誕生してきています。スマートフォンや電化製品などあらゆる日常生活にさらなる利便性がもたらされる日が近づいてきています。