今日の情報が、明日の君をつくる。

Yahoo共同創設者ジェリー・ヤン氏「ブロックチェーンは銀行や金融にとって自然なテクノロジー」と支持


シンガポールで開催された日経イノベーションフォーラム内にて、Yahooの共同創設者ジェリー・ヤン氏が登壇しました。ヤン氏は、「ビットコインBTC)やその他の仮想通貨は現在輝きを失っているが、ブロックチェーン技術は銀行などの金融業界にとって、自然なテクノロジーで重要な用途を持っている」と述べ、採用されるためには「信頼」が必要だと明かしています。

ブロックチェーンと金融の融合は当然の事

この発言は17日にシンガポールで開催された日経イノベーションアジアフォーラムにジェリー・ヤン氏が講演を行い、「アジアにおけるイノベーションの潮流」と言う題目でのパネルディスカッションに参加時によるもので、ブロックチェーン技術を信頼できない層に信頼を築く必要があると主張しました。

現在、仮想通貨は輝きを失ってはいるもののブロックチェーン技術は徐々に各業界で採用されてはいますが、バブル時には詐欺や誇大広告が多かった事から未だに否定的な人も多くそのような個人、企業、または国への信頼を確立する事が重要だとし次のように述べています。

「ブロックチェーンは銀行など金融業界の取引にとって自然なテクノロジーです。アメリカの機関や銀行を見ると開発されている種類のインフラは長期的な影響を及ぼします。この技術を成功させるには信頼を築く事が必要あり、それによって膨大な数の扉が開く可能性があります」

さらに、信頼の問題が克服されれば、競合他社や州や国同士が相互利益のために協力するフェーズに移り、テクノロジーはさらに上昇するとして、ヤン氏は次のように付け加えました。

「信頼さえあれば、ブロックチェーンが大量に採用されるチャンスはいずれ訪れます」

米中貿易戦争で中国がブロックチェーン・リーダーに?

以前、行われたフォーラムではヤン氏は米中貿易戦争の激化により、制裁から逃れるために中国政府がブロックチェーン技術分野を採用しており、意図せずにリーダーとなる事を奨励する結果になっていると指摘しました。

ブロックチェーンは第4次産業革命計画の重要な技術の1つとして中国は認識しており、AI、IoT同様米国をリードする技術として認識され様々な分野で応用され続けています。

中国政府は仮想通貨の交換やICOへの禁止を強めてはいるものの、ブロックチェーンの技術を経済発展を名目に積極的に採用し続け、ヤン氏が提唱する「信頼の問題」を抱えてはいません。

中国と同様に米の経済制裁を受けている国では、米ドルからの影響から逃れるためにブロックチェーンの採用や独自の仮想通貨の発行を検討しており、今後の動向が注目されています。

Yahooは以前から仮想通貨を支持しており、昨年の8月からYahoo!ファイナンスのWebサイト内でビットコインを含む主要アルトコインの売買を始めています。Yahoo!JAPANでも仮想通貨交換業の登録事業者ビットアルゴの株式を40%取得し、仮想通貨取引所参入が報じられていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です